TOPページ » 商品紹介 » ハンギングチェアー » この記事

運送費の高騰

個人宅へ家具を発送する手段が年々減少していて頭を悩ませています。

クロネコヤマトの宅急便が出現し、宅配が広まっていく中で、我も我もと運送会社が宅配事業に進出していきました。どういうわけかどの運送会社のマスコットキャラクターは動物でしたね。

ヤマト運輸のクロネコ、西濃運輸のカンガルー、名鉄運輸のコグマ、エスラインのツバメ、フットワークのダックスフンド等々…。

しかしその多くは直ぐに宅配事業から撤退しました。思っていたより手間暇がかかる割に利益が無かったのでしょうね。今は個人宅への配送は、クロネコヤマト、佐川急便がその多くを占めています。

安田屋家具店では、オンラインショップで販売しているハンギングEggチェア及び、専用スタンドの配送が年々難しくなっていました。以前は、佐川急便でもヤマト運輸でも配送できていたのが、サイズ超過で発送できなくなりました。

その後は西濃運輸に依頼していたのですが、2020年に西濃運輸から個人宅への配送は不可との連絡があったのです。個人宅への発送手段がなくなった瞬間でした。

ハンギングチェアー本体、専用スタンドともそれほど重くなく一人で運べるのですが、容量に換算すると、とっても大きなサイズになってしまうんです。スカスカのすき間だらけで、空気を運んでいるようなものです。

様々な方法を検討した結果、ハンギングEggチェア、専用スタンドの個人宅への発送に関しては、家具配送専門の運送会社での発送方法にいたしました。というか、その方法しかなかったのです。

そのため開梱・設置・梱包材撤去を含めた2人での配送となります。そこで問題が発生!!!

運送料が従来の約3倍強となります。3倍です。

これは、もはや安田屋家具店の営業努力だけでは、如何ともしがたい事態となりました。今まで通り、送料は安田屋家具店が負担し、お客様の送料は無料でハンギングEggチェア、専用スタンドを販売する方法を思案しなければなりません。

そんな時にハンギングEggチェア工場から、3月1日よりコロナ禍の影響による海上輸送費の高騰、資材、人件費の価格上昇もあり、ハンギングEggチェア商品が値上がりするとの知らせが届きました。

商品価格改定、運送料の高騰・・・、悩む四代目です。

3月1日から値上がりするハンギングEggチェアの新価格は次回ご案内いたします。

この記事の内容が役に立ったら共有してね!
2月 22, 2022 · Posted in ハンギングチェアー  
    

Comments

Leave a Reply