TOPページ » 家具リフォーム・修理 » 家具金物(扉用アングル丁番etc) » この記事

KSS刻印の代替丁番

埼玉県のO様からのご相談
KSS刻印のある食器戸棚の扉金具が、ポキッと折れてしまいました。金具の裏側に「20-20」の刻印があります。いろいろと調べていくうちに安田屋家具店ホームページに辿り着きました。同じKSS刻印の金具についての記事がありましたのでご連絡しました。

安田屋家具店ホームページに掲載していたのと同じで、我が家の食器戸棚の扉にあいている円形溝の直径は35mm、長さは27mmでしたので、紹介されている代替金具で取替えるのではと思います。今でも代替金具は取り扱っていますか。

安田屋家具店からの返信
KSS刻印の金具は、昭和時代に家具金具では超有名な「木村新(キムラシン)」という大阪に工場があった会社の金具です。残念ながらこの会社はすでに廃業したため、まったく同じ金具は現存しません。

金具の裏側に刻印されている4つの数字が金具サイズです。

写真では「16-20」となっていますので、金具サイズは「16-20」です。今回ご相談いただいたO様の場合は、刻印が「20-20」とのことなので、金具サイズは「20-20」です。

扉側の円形溝のサイズが、直径35mm、長さ27mmであれば、他工場の現行の金具で取替ができます。

安田屋家具店では、不純物が混じっていない材質で作られた日本製丁番の在庫がまだあります。金具の色は「こげ茶色」のみとなります。この日本製金具「RABBIT 20-20」で代替えできますのでご安心ください。

金具は1個税込み850円です。送料が別途必要です。送料は安価なレターパックライト。全国一律370円です。

ご注文は安田屋家具店オンラインショップから24時間365日いつでもできます。ぜひご来店ください。

尚、日本製丁番「RABBIT刻印 20-20」金具は、2年前に生産終了しました。現在、安田屋家具店の在庫のみしか現存しません。無くなり次第、若干耐久性が劣る代替専用の中国産の金具となりますので、お早めにご注文ください。

【追伸】
金具をお送りしたO様からご連絡あり。
昨日注文したばかりなのに、本日レターパックが届きました(あまりの速さにびっくり)早速主人が取り付けに挑戦しました。 結論としては無事収まりました。形も同じ、くり抜いた扉の溝部分にも金具はぴったりでした。

ところがすべて取り付けた後扉を閉めるとぴったり閉まりません。主人があれこれ手を加えて何とかぴったり閉まるようになりました。家具の丁番ひとつですが奥が深いというか難しいですね。

古い家具を大事に使おうとするとこうした部分がとても大事になります。安田家具屋さんのような良いお仕事をされるお店はとても貴重だと思います。今後ともよろしくお願いいたします。

安田屋家具店からの返信
扉がピタッと閉まらない理由は多々ありますが、実店舗での経験では、金具の厚みの違いが原因であることが多いです。特に金具サイズが同じものを取替えた時によくあります。

扉側の円形溝に金具の円形部分をはめ入れた時に扉の表面と金具表面が面一になっていますでしょうか。金具が扉表面より引っ込んでいたり、出っ張っていたりすると、扉の開閉時にピタッと閉まらないことがあります。

金具が出っ張っている場合は、円形溝の深さを彫り広げる作業が必用です。金具が引っ込んでいる場合は、金具の下に厚紙などを敷いて、扉の表面と面一になるよう調整下さい。

お送りした金具がお役に立ち光栄です。ありがとうございました。

O様から追伸
ご丁寧なご説明ありがとうございます。私は細かいところは主人任せでよくわからないのですが、明らかに違う点がひとつありました。正面からみて真ん中のつなぎのところに旧(こわれた金具)にはくぎ穴が一つありますが、新(送っていただいた金具)にはくぎ穴はありません。主人がどう手直ししたのかは??、ですが送っていただいたご説明のメールは大切に保存して今後の参考にいたします。本当にありがとうございました。

主人にどう直したのか聞いてみました。円形の部分が引っ込んでいたみたいです。厚みを調整して直したそうです。あと日本製を購入できて良かったといっておりました。いろいろとありがとうございました。

この記事の内容が役に立ったら共有してね!
9月 18, 2022 · Posted in 家具金物(扉用アングル丁番etc)  
    

Comments

Leave a Reply