TOPページ » 家具リフォーム・修理 » テーブル修理 » この記事

ヤマハ家具食堂テーブル

H様よりお問合せ
ヤマハ家具製のダイニングテーブル(長さ200cm×奥行90cm)を引越しのため部屋から搬出するのにらくらく家財宅急便さんが来たのだが、部屋から出せないとのことで帰ってしまいました。配送員が脚が外れないかいろいろと調べていたが、結果として脚が外れないので部屋から出せないとの結論になってしまいました。

現在の部屋に入れる時は、脚付きのまま搬入できました。このテーブルの脚は外れないのでしょうか。

安田屋家具店からの返信
搬入した時は脚付きで部屋に入れられたのであれば、本来部屋から搬出できると考えますが、搬入時の時と設置物などの条件が異なったため、搬出できなかったかもしれません。

ただ長さが200cmもの大きなテーブルなので、天板と脚が外れない構造では絶対にありません。天板と脚が外れないと、搬入できる部屋が限られてしまうので販売しにくいからです。H様のテーブルも必ず天板と脚は外れる仕組みになっています。接合方法がわかれば簡単にできます。

実物を確認していないので正確ではありませんが、写真から判断すると、脚はL型の形状になっていて天板裏側の幕板の角に密着させてネジ止めで固定しているものと思います。しかし天板幕板と脚を接合しているネジが見えない状態になっていると考えます。

脚の内側に3か所程度のビスが見えないでしょうか。
脚の内側に3か所程度のビスが確認出来たら、そのビスを外してください。するとL型の脚の片面が外れると思います。

L型脚の型面が外れると、脚上部分に天板裏面の幕板と脚を接合しているビスがあると思います。そのビスを外すと、天板に取付いている脚が外れると思います。

この時に幕板の穴に差し込んである銀色のメスネジ部品が外れることがありますので、無くさないように注意してください。無くすと脚取付ができなくなります。

これで天板と脚が外れた状態になるはずです。組立はこの手順の逆に行えば取り付けできます。

接合ネジは六角ボルトが使用されていると思いますので、六角レンチが必要です。

道具がない場合はホームセンターで販売されていますので、六角ボルトの頭部の穴の大きさを確認して、適合するレンチを用意して下さい。ネジ頭部に+の切込みがあればプラスドライバーで作業できると思います。

お役に立つ情報であれば幸いです。

H様からのご連絡
早速にご丁寧な説明の返信有難うございます。本当に困り果てて居ましたので何とか解決できる灯りが見えました。手助けして頂き頑張ります。やはり良い家具はなんともいえない年数重ねる程に味があり、息子家族が受け継いでくれるのが嬉しいです。有難うございました。

この記事の内容が役に立ったら共有してね!
9月 21, 2022 · Posted in テーブル修理  
    

Comments

Leave a Reply