TOPページ »聴神経腫瘍闘病記 » 聴神経腫瘍摘出手術 退院後 » この記事

東京警察病院の近道開通

昨年2011年3月3日に、東京警察病院で、河野道宏先生の執刀で四代目の「聴神経腫瘍摘出手術」が行なわれてから早いものでもう1年が過ぎてしまいました。3月28日に手術後1年検診のために、久しぶりに東京 中野駅北口に降り立ちました。

中野駅北口界隈は、大規模な再開発が行なわれています。1年が経過して、北口周辺の工事も慌しくなっていました。昨日自宅にて「東京警察病院」のホームページを閲覧していたら、再開発で開通した道路があり、東京警察病院までの近道ができたことを知りました。その情報を元に歩いてみました。まずは北口を出たら、真っ直ぐに中野サンプラザを目指して進みます。

中野サンプラザを過ぎた初めての三叉路を左折します。

左折する目印はこの二つのビルです。
目立つビルなのですぐにわかります。

左折して真っ直ぐ進んで右手を見ると・・・・、

右手にチラッと東京警察病院のピンク色っぽいビルの先端が見えます。それを確認しつつ、真っ直ぐに進みます。

中野体育館のある交差点を過ぎた道路が今回開通した道路です。右手に東京警察病院が威風堂々と立っています。東京警察病院を右手に見ながら新しく開通した道路を進みます。

まだまだ再開発中なので歩いている人はほとんどいません。閑散としています。でも2~3年も経つと、大きなオフィスビル、明治、早稲田、帝京平成大学と3つのキャンパスが立地するので、大勢の人々が行き交う道に変貌するのでしょうね。今はだだっ広い野原になっていますが、ビルが林立してすっかり様子は変わるんでしょうね。そんなことを思いながら真っ直ぐに進みます。

右手には「中野セントラルパーク」というオフィスビルが完成しています。去年は工事中でこんな状態でした。

「中野セントラルパーク」ビルを左手にして真っ直ぐ進みます。

東京警察病院の新しい玄関口側に間もなく到着です。この横断歩道を渡る途中、道路の先を見てみると、

野方警察署が左に見えます。
去年は工事中でゲートが閉じてあり通行できなかった工事中の道路であることがわかった。なるほどね、こんな風に変わるんですね、と思いながら進みます。左手に建設中のビル、ここは帝京平成大学です。この帝京平成大学が左に見える交差点を左折したら東京警察病院に着きます。といってもここまで来れば、東京警察病院が見えてるわけですから、間違えるはずはありませんね。

左折したら、東京警察病院の新しい玄関口に到着です。

さあ、手術後1年検診にいざ。
まずはMRI撮影を行い、その後2階E診察で、河野先生の診察です。無事に完治していることを願うばかりです。1年検診の話はまた後日。

4月 9, 2012 · Posted in 聴神経腫瘍摘出手術 退院後  
    

Comments

Leave a Reply