TOPページ »商品紹介 » ハンギングチェアー » この記事

ハンギングEggチェアーの違い

ナンナ・ディッツェル ハンギングチェアについてお尋ねします。安田屋家具店のHP内には、ハンギングのつり下げる部分+ラタンの椅子のセットで、20万円とあります。が、安田屋家具店ネットショップでは、セット価格だと、30万円近くします。クオリティが異なるのでしょうか? また、現在お店の方に在庫があれば、教えてください。色は、ナチュラルタイプです。宜しくお願いします。

安田屋家具店から返信
安田屋家具店ホームページで紹介しているセット価格20万円の商品と、ネットショップ「Yasudaya-BASE」店にて紹介しているセット価格30万円近くの商品は素材が違います。ちなみにネットショップ「ぎふ楽市楽座」店では、両方の素材の商品をご紹介、販売をしております。

まずセット価格20万円の商品とは、室内で使用する商品で、本体を編みこんでいる素材は「天然の籐材」を使用しているタイプです。(野外には設置できません) セット価格の内訳は、ハンギングEggチェアー(ナチュラル色)本体価格が税込159,800円と、専用スタンド(スチール製白色)が税込119,800円でご提供しています。(2016年4月現在) セット合計は279,000円でご提供しています。(2016年4月現在)

1582

次に野外(アウトドア)に常時設置するための商品で、素材は人工ラタン(Synthetic Rattan シンセティックラタン)を使用した商品は、税込み239,800円でご提供しています。(2016年4月現在) 座クッションの布地も全天候型の布地を使用しています。

また専用スタンドは野外に設置してもサビ難い「ステンレス材ヘアーライン仕上」となっています。ステンレス製ヘアーライン仕上げの専用スタンドは、税込み159,800円でご提供しています。(2016年4月現在)

4939_0

天然の籐材と人工ラタン(Synthetic Rattan シンセティックラタン)を比較した場合、厳密には耐久性は人工ラタンの方がありますが、室内でご使用になられる場合は、天然の籐材で良いかと思います。

早速のご連絡をありがとうございました。室内用で大丈夫なので、室内用の天然籐材仕上げのナチュラル色で一度検討します。早急に決断しないと、売り切れになる可能性はあるのでしょうか。少し、お時間をいただきたいので・・・・。では、また、ご連絡させていただきます。

お届けに関しましては、ご希望のお届け日から逆算して、約1ヵ月半~2ヶ月前までに予約注文を入れていただければ、確実にご指定日にお届けすることができます。お届けご指定日までの期間が1ヶ月がない場合でのご注文の場合、在庫状況によってはご希望に添えない場合がありますので、ご指定日が決まっている場合はなるべく早期にご注文をいただけると幸いです。

2月 23, 2013 · Posted in ハンギングチェアー  
    

Comments

Leave a Reply