TOPページ »四代目のつぶやき » この記事

これは本物かな???

先日ご紹介した新年早々から届いている「三菱東京UFJ銀行』を名乗る怪しいメール。安田屋家具店にもその後も連日届いていました。全国的にもかなり広がっているのでしょうね。とうとう本日、正真正銘、本物の三菱東京UFJ銀行から「当行を装いパスワードなどを詐取するEメールにご注意ください!」の件名で、注意喚起のメールが届いた。

がっ、しかし、本物と見せたまたまた新手の詐欺メールかもしれません。じっくりと内容を見てみます。まずは差出人。

差出人 三菱東京UFJ銀行 email_info02@mufg.jp

メールアドレスはちゃんとしているようです。yahooメールではありません。そして内容はというと・・・・、

 このメールは重要なご連絡のため「Eメールでの各種情報のご案内」を 希望されないお客さまにも配信しております。) 当行を装いパスワードなどを詐取するEメールにご注意ください!平成26年1月15日 

「セキュリティのための調査、確認」などの内容で、当行を装ったEメールが多数送信されています。題名は「本人認証サービス」、「ご本人確認」、「メールアドレスの確認」、「安全確認」など複数確認されています。本文中のリンク先URLは表面上は正しく見えますが、実際には第三者の不正なサイトに誘導されます。当行画面に非常に似ており、容易には見分けることが困難です。

ufj

ufj2

■当行がEメールでパスワード等の入力をご依頼することは、絶対にありませんので、決して入力することのないようご注意ください。本文中のリンク先にアクセスしたり、添付ファイルを開いたりせず削除してください。

■新しい種類の不審メールが、第三者により送信される可能性もあります。当行を装った不審メールの例などの情報は、当行ホームページ(トップ画面)に掲載していますので、最新情報を随時ご確認ください。

※当行を装ったEメールは、第三者により不特定多数の方に送信されています。当行とのお取引の有無にかかわらず送信されており、当行のお客さま情報が流出した事実はございません。

■万一、リンク先の画面等にご契約番号やパスワード等を入力してしまった場合には、 すみやかにお問い合わせ先までご連絡ください。  本件のお問い合わせ先  毎日9:00~21:00  <三菱東京UFJ銀行 インターネットバンキングヘルプデスク>   0120-543-555    または 042-311-7000(通話料有料) ※本メールは、セキュリティ強化のため、電子署名をつけてお送りしています。 電子署名についてくわしくはこちら↓  http://www.bk.mufg.jp/info/mail/mail.html ──

Bank of Tokyo-Mitsubishi UFJ ─ http://www.bk.mufg.jp

編集・発行:株式会社三菱東京UFJ銀行
東京都千代田区丸の内2-7-1
[登録金融機関]関東財務局長(登金)第5号
[加入協会]日本証券業協会
一般社団法人 金融先物取引業協会
一般社団法人 第二種金融商品取引業協会

■本メールの送信アドレスは送信専用となっております。返信メールでのお問  い合わせは承りかねますので、あらかじめご了承願います。 ――Copyright(C)2014 The Bank of Tokyo-Mitsubishi UFJ,Ltd.All rights reserved――

これは本物の三菱東京UFJ銀行からのメールですね。
皆さんも詐欺メールにはくれぐれもご用心、ご用心

1月 15, 2014 · Posted in 四代目のつぶやき  
    

Comments

Leave a Reply