TOPページ »家具リフォーム・修理 » テーブル修理 » この記事

テーブルリフォーム

名古屋市I様からのご相談
初めまして。 ダイニングテーブルのリフォームについてご相談させて下さい。
我が家にあるダイニングテーブルをリビング用のセンターテーブルにリフォームしたいです。ダイニングテーブルは幅150㎝、奥行き90㎝です。リビングに置くために幅と、奥行きのサイズを小さくし、高さを低くして頂きたいのですが可能でしょうか。リフォームが可能であれば見積もりなども含め改めてご相談させていただきます。ご多忙のところ申し訳ありませんがよろしくお願い致します。

s-DSC_0772

s-DSC_0771

安田屋家具店からの返信
テーブルリフォームですが、天板サイズの幅と奥行きを切断するためには、短い辺と長い辺のそれぞれを切断する必要があります。天板は渕周りに二重の板を取付けて厚くなっている上げ底タイプです。

s-DSC_0775

切断した場合、二重になっている渕周り部分が無くなってしまいますので、天板の厚みは薄くなってしまいます。そのため切断した辺に新しく板を取付けて、切断していない部分の渕周りと同じ厚さにします。

切断面のみを塗装する部分塗装では、天板との色違いが生じること、渕周りに板を取付けて加工するので、切断した天板の渕周りも削らなくてはなりませんので、その部分の塗装だけを行うと天板の塗装がまだらになってしまいます。そのため切断して、切断辺の渕周りに板を取付けた後に、天板全面を含めた全面塗替えが必要となります。

脚はご指定の高さに切断してから、現在と同じように天板に取り付いている四角の板を切断後の天板に取付けなおしますので、脚の取り付け、取り外しは現在と同じようにできます。

s-DSC_0780

実際にどの程度の手間がかかるか現物を見ていないので確実な修理費用はご提案できませんが、最小の手間から最大の手間がかかった場合を想定して、最低価格税込56,000円から最大価格73,000円の範囲内の修理金額となります。 尚、往復の送料は別途必要です。ただし岐阜市近郊であれば当店より引取り、お届けを無料で行います。

ご用命される場合は、現物をお預かりして、ご指定のサイズをお聞きし最終見積金額を再度ご提案いたし、お客様の最終判断を確認します。ご予算的にOKであれば修理作業に取り掛かり、ご用命されない場合は作業を行わずご返却します。

I様よりご返信
返信をありがとうございます。 リフォームとなるとかなり大がかりな作業となることがよく解りました。実は事情があり、来月に転居しなければならないためリフォームにかける時間があまりありません。 家族と相談した結果、このまま継続して使用するのが望ましいと結論が出ました。四代目様には大変な手間をおかけしてしまい大変申し訳ありません。このような相談にも懇切丁寧対応をして頂きとても感謝しております。本当にありがとうございました。

12月 21, 2014 · Posted in テーブル修理  
    

Comments

Leave a Reply