TOPページ »四代目のつぶやき » この記事

27年前のカタログでは

先日34年前の「マルニ木工」ベルサイユシリーズの張替修理についてのお問い合わせがあったのですが、ベルサイユシリーズでは見慣れないリビングダイニングチェアーだったので、気になり調べてみた。

s-IMG_0625

早速、安田屋家具店ライブラリーに行き、マルニ木工のカタログを見てみる。四代目が横浜 伊勢崎町にあった「双葉家具」で修行をしていた時には見かけなかったので、相当古い商品だろうと考え、37年前の1978年カタログを見てみた。

ところがこの商品は掲載されていない。
う~ん。27年前の1988年カタログを見てみる。

s-IMG_4083

おっ、おっ、おっ、発見!!
掲載されていました。

s-IMG_4081

s-IMG_4082

当時の価格を確認すると、両肘ダイニングチェアーが36,000円。肘無し椅子が25,500円。1350mm×800mmのテーブルが51,000円。この当時には消費税がなかった時代なので、この金額ですね。布張りの椅子もありました。

現在の価格の約半分程度の価格です。27年が経過すると物価は高くなったもんだと実感します。

このベルサイユシリーズの中のリビングダイニングの販売期間は短かったようです。現在は通常のテーブル高さ700mmのハイバックチェアーの商品がロングセラー商品として継続しています。

s-IMG_2385 ベルサイユ

ベルサイユシリーズのエレガントなヨーロピアンデザインは、マルニ木工以外の工場ではつくられなくなりました。住宅のインテリアが変わったことによって、合わなくなったからなんでしょうか。いい家具だと四代目は思うのですが・・・・。

でもいまだにマルニ木工の主力商品として継続されているということは、ご購入されるお客様も多いということもいえるわけですね。がんばれ!!、マルニ木工。

11月 1, 2015 · Posted in 四代目のつぶやき  
    

Comments

Leave a Reply