TOPページ »家具リフォーム・修理 » 家具金物(扉用アングル丁番etc) » この記事

KとRABBIT丁番について2

昨日、「K」刻印と「RABBIT」刻印の金具の違い、ネジ穴位置が違った場合の取付け方法などをご紹介したところ、お問い合わせのお客様からメールが届きました。

s-IMG_4498

静岡県三島市 A様
早々のご返信ならびに金具の比較確認をいただきありがとうございました。またRabbit社の金具を使用する場合のやり方について詳しくご教授いただき感謝しております。

s-IMG_4497

斜めにねじが入るとワゴン内からものを出し入れするときひっかかるようで気になりますが、古いねじ穴を塞いだ上でで改めて穴を空け直せばまっすぐ取り付けられるとのこと、朗報です。Rabbit社の金具にしようと思います。

発送の際、このねじ穴をふさぐ木製丸棒も同梱いただけるととてもありがたいです。扉側(丸いカップの側?)はねじ穴位置がほぼ同じのようですので、ワゴン本体側として1つにつき2本、4か所ですので8本ご手配いただけると助かります。

ご注文ありがとうございました。

【この前の記事はコチラをご覧ください】

12月 9, 2015 · Posted in 家具金物(扉用アングル丁番etc)  
    

Comments

One Response to “KとRABBIT丁番について2”

  1. […] 追加情報この記事の続きはコチラをご覧ください。 […]

Leave a Reply