TOPページ »家具リフォーム・修理 » 家具金物(扉用アングル丁番etc) » この記事

続 東海家具の丁番

先日ご紹介した静岡市に工場がある「東海家具工業」の食器戸棚に使用されている蝶番金具取り換えについてです。破損した金具はすでに現存していない「19-17」サイズの蝶番でした。

現存する金具「20-20」を使用すれば取り換え修理が出来るものと考えます。

扉側に取付ける金具サイズが、破損金具は19mm、代替金具は20mmなので1mmの違いであれば実体験上、支障なく取り換えができます。でも家具本体側に取付ける金具サイズは、破損金具が17mm、代替金具は20mmのため、このままでは取り換え後に支障が出ます。

そこで2.5mm厚の合板で補助板を作成します。

この補助板を代替金具の家具本体側に取付ける楕円形部位の下に取付ければ、サイズが17.5mmとなり、破損金具の17mmとほぼ同じになります。

したがいまして「20-20」サイズの金具に補助板を取付けて使用すれば、S様の食器戸棚の金具取り換え修理ができるものと思います。扉1枚に付いている金具は全て一緒の金具に取り換えなければなりません。新旧の金具が混在すると取り換え後扉の開閉に支障が生じるだけでなく、新しい金具の耐久性が低くなりますのでご注意ください。

また経験上、取り換え後に扉の開閉に支障は出ないと思いますが、実際に取り換えてみないとわからないです。場合によっては金具取り換え後に扉の開閉に支障が生じる場合もありますことをご了承ください。続く

この金具が必要な場合は、安田屋家具店オンラインショップにて24時間365日いつでもご注文いただけます。今回と同じ「19-17」サイズの金具取り換えをされる場合は、「補助板希望」とご注文の際に摘要欄に明記していただくか、安田屋家具店に事前にご連絡ください。ご注文をお待ちしています。

関連記事も併せてごらんください。
「東海家具 食器戸棚 丁番」
「続々 東海家具の丁番」

5月 23, 2017 · Posted in 家具金物(扉用アングル丁番etc)  
    

Comments

Leave a Reply