TOPページ » 家具リフォーム・修理 » 古い民芸家具リフォーム » この記事

収納箱の蓋接合修理

四代目の奥様のお知り合いのY様より、中国で購入された収納箱(デザイン的に日本の長持・夜具入れ)の蓋が割れてしまった箇所の修理相談があった。

Y様より
お世話になります。中国で以前に購入した収納ケースです。蓋は1㎝程の厚さがありますが、子供が小さいときに上に乗ってめり込んでしまいました。何とか修理できないものでしょうか?以前に、奥様とお仕事でご一緒させていただいておりました。よろしくお願いします。

安田屋家具店からの返信
修理は可能ですのでご安心ください。
蓋の割れた部分を再接着する時に、隙間が生じなければ単純に接着剤で張り合わせ、圧着固定具で圧着させます。その場合、多少の段差(目地違い)が生じる場合がありますのでご了承ください。

単純に再接合するのみの修理費用は税込み2万円です。

再接着後の段差が気になる場合は、再接着後に表面を段差が無くなるように削ります。その後、再塗装を行います。再接着、表面削り、再塗装を行う修理費用は、税込32,000円となります。

次に再接着した時に隙間が生じたり、接合部がかけたりしていて隙間が生じる場合は、パテ埋めをします。その後、表面を削り再塗装を行います。この方法の修理費用も税込32,000円となります。

いずれの修理方法も引取、お届け送料は岐阜市内、近郊であれば無料サービスいたします。それ以外の場合は送料が別途必要です。修理期間はお預かり後1週間前後となります。ご検討の程、よろしくお願いします。

Y様にご連絡したところ、想い出の家具なので修理を希望されました。急ぎお預かりに走る四代目でした。

修理が完了しましたらご報告いたします。

この記事の内容が役に立ったら共有してね!
10月 20, 2018 · Posted in 古い民芸家具リフォーム  
    

Comments

Leave a Reply