TOPページ » 四代目のつぶやき » この記事

不審なアクティビティの為

いつものようにパソコンにて仕事をしていた四代目。それが突然中断されてしまった。

何が起きたのか???

それはネット閲覧をしていた時に起こった。突然閲覧していた先から画面が切り替わり、「不審なアクティビティの為Windowsがブロックされました。」の表示とともに音声ガイダンスが流れ始めた。さらに画面中央に表示された「ユーザー名とパスワードを入力してください」のポップ画面が表示された。

音声ガイダンスは「フリーダイヤルで今すぐ当社にお電話下さい。我々のMicrosoftサポートエンジニアがお電話でウイルスの削除方法をお知らせします。お電話でするまえにこのページを閉じてしまった場合、我々のネットワークが更にダメージを受けないようにお使いのパソコンを無効にし、サイバーセキュリティにレポートします」

画面中央に表示された「ユーザー名とパスワードを入力してください」のポップ画面の✖を押しても、すぐにまた表示される。ブラウザの✖を押してもブラウザが消せない。パソコンを再起動するも、すぐに同じ画面が表示され、ブラウザが消せない。そのため全く仕事ができない。

Microsoftの本物のホームページ画面と思わせるデザインなので、「ひょっとして・・・」と思ってしまいますが、「フリーダイヤルにご連絡ください」と表示されているものの電話番号は03-6890-8682って、03は東京の市外局番でフリーダイヤルの0120ではないじゃん。この時点ですでに怪しいもんです。

幸い四代目はデュアルモニターを使用しているので、片方の画面で「不審なアクティビティの為Windowsがブロックされました。」でネット検索。すると直ぐに同じ被害にあった実例が出ていました。

下記の記事を参考にしてください。
2017年12月1日の記事なので、1年経過した今でも起こっている問題のようです。

【Microsoftを騙った詐欺対策】

まず今回表示されたMicrosoftっぽいホームページは全くの偽物で、完全な詐欺集団です。ご注意ください。

消せなくなったブラウザーは、Ctrl+alt+deleteキーでタスクマネージャーを呼び出して、消したいブラウザを選択し「タスクの終了」を押せば強制終了ができますのでご安心ください。四代目も試してみると簡単にブラウザは消え、元通りになった。

上記の【Microsoftを騙った詐欺対策】を執筆した「石川直紀」氏によると、このページは勝手にブラウザの設定を変更したり、ついでにスパイウェアやウイルスを撒き散らす類の機能は無い単純な詐欺ページなので、削除して二度と開かないようにすれば、対処としては問題ないようです。またブラウザの起動設定を「前回開いていたページを開く」にしていた人は、この時だけ変更しておかないと、ブラウザを起動するたびに今回のページが表示されてしまいますので気を付けましょう。

ちなみに石川直紀氏は、詐欺業者に騙された人を装って表示された電話番号に電話してみたそうです。その顛末は上記の【Microsoftを騙った詐欺対策】「不審なアクティビティの為Windowsがブロックされました」詐欺に電話してみた!」をご覧ください。面白い実録が書いてありますよ。

この記事の内容が役に立ったら共有してね!
11月 18, 2018 · Posted in 四代目のつぶやき  
    

Comments

Leave a Reply