TOPページ » 家具リフォーム・修理 » 家具金物(扉用アングル丁番etc) » この記事

またまたKSS刻印金具

2019年、平成最後の年になってから、どういうわけか丁番、蝶番、ヒンジ金具のお問い合わせが昨年よりも増加しています。お買い求めになられた家具が続々と20年~30年経過して、金具の破損が増えたのでしょうか。

しかし、これがまた不可思議で、どういうわけか安田屋家具店が立地している岐阜市からのお問い合わせはほとんどないんですね。岐阜市民の家具にはアングル丁番が使用されていないのでしょうかね。摩訶不思議な現象です。

今回もまたまたKSS刻印のある蝶番のお問い合わせです。KSS刻印の金具は大阪に工場があった「木村新(キムラシン)」という会社の金具です。当時、多くの家具工場が「木村新」の金具を使用していました。しかし残念ながらすでに廃業してしまいました。家具需要の低迷が原因なのでしょうか。

東京都世田谷区のY様からのお問い合わせ
壊れた蝶番「kss 2015」の代替品を探しております。扉の上下に各1個ついており、上部のみ壊れました(写真は上下とも取り外したものです)。うまくはまる在庫がありましたら、ご連絡の程宜しくお願い致します。

対象の水屋は結婚した時にかったもので、三十数年まえのものです。 思い入れが有ります。よろしくお願いします。

安田屋家具店からの返信

破損金具の写真を確認しました。
「KSS刻印」の金具は生産していた工場がすでに廃業したため全く同じ金具は現存していません。金具サイズは「20-15」なので他工場の金具で代替えできます。ご安心ください。

また金具円形部分を確認すると、現在の金具よりも円形部分の長さが短い旧タイプの金具です。

そのため現在の「20-15」金具を使用すると、扉にあいている穴のサイズを彫り広げる作業が必要となります。

しかし「20-15」サイズであれば、旧タイプの金具を復刻生産していますので、この復刻した金具を使用すれば、円形部分のサイズは同じです。

そのため扉の穴を彫り広げる必要もなく、簡単に取替えることができます。金具は1個税込み530円です。送料が別途必要です。ご用命をお待ちしております。

この金具は365日24時間いつでも安田屋家具店オンラインショップにてご注文いただけます。ぜひご来店ください。

この記事の内容が役に立ったら共有してね!
2月 1, 2019 · Posted in 家具金物(扉用アングル丁番etc)  
    

Comments

Leave a Reply