TOPページ » 家具リフォーム・修理 » この記事

KSS刻印ガラス扉丁番

K様よりガラス扉に使用されているアングル丁番に関してお問い合わせがあった。

K様からのお問い合わせ
サイドボードのガラス戸丁番が破損しました。既にこの部品メーカは無いようですが 調べた結果、052198 GL-500丸型のようです。

代替え等のご教授お願いします。なお、ガラスの淵から○穴の端までは8mm、○の径は16mmのようです。 以上よろしくお願いします。

安田屋家具店からの返信
破損した金具の写真を確認しました。
調べましたところ、大阪に工場があった「木村新 (キムラシン)」という会社が製造していた金具です。 当時のカタログで、サイズなどを 確認してみてください。

この「木村新」はかなり以前に廃業したため、 残念ながら同じ金具は現存していません。 また当時の金具はガラスに大きな穴をあけて取付ける方式でした。

しかし最近の金具は穴の直径が9mmと 極端に小さくなった方式に変更しています。 また穴の位置も大きく変わっています。下記の資料をご覧ください。

ガラス丁番1

ガラス丁番2

現在の金具で代替えする場合、ガラス戸にあいている 穴の位置、大きさが違いますので、現在のガラス戸 を使用することができないものと思います。 ガラス戸、丁番ともに取り換える必要があります。 そのため家具修理単などの専門店に修理を依頼 されることをお勧めします。

この記事の内容が役に立ったら共有してね!

Comments

Leave a Reply