TOPページ » 家具リフォーム・修理 » テーブル修理 » この記事

Fritz Hansenテーブル塗替完成

先日お送りした「フリッツハンセン」テーブル天板塗り直し修理が届いたA様から、塗替え後の仕上がり具合に大変お喜びになられて、御礼メールが届きました。

O様から
昨日届きました。

本当にきれいになって!ありがとうございます。以前のものとは見違えるほどで家族も驚いています。脚を取り付けたら写真を撮ってお送りしますね。まずはお礼まで。

安田屋家具店からのお手入れ方法のご案内
ご満足賜り、お役に立てて光栄です。今後ともよろしくお願いいたします。

尚、普段のお手入れ方法ですが、乾拭き、水拭きどちらでもOKです。ダスキンなどの科学雑巾はご使用されないようにご注意ください。

また天板表面に手の脂などが付着した場合は中性洗剤(食器洗剤)をぬるま湯で100倍に
薄めた液に雑巾を浸し、絞った後汚れ部分を拭きますときれいに取れます。その後水拭き、乾拭きしてください。

熱いヤカンや鍋、耐熱容器などを直接天板の上に置かないようにご注意ください。焦げたり塗装面が白濁して跡が残ります。

食器の裏側はヤスリと同じ状態なので、天板に直接置いて移動させたりすると天板表面にスリ傷が付きますのでご注意ください。ランチョンマットなどをご使用されることをお勧めします。

またこれからの暑い時期、冷たいお茶やビールなどの飲物を入れたコップを直接天板の上に長時間(半日以上)置くこともご注意ください。

数時間程度であれば問題ありませんが、半日以上そのまま置いた状態ですと、コップ外側の水滴が天板の塗装面を浸透し、木地部分に到達して、時間がたつと木地部分にしみ込んだ水分が輪シミとなって天板表面に浮き出てきます。

これからの時期、コップの下にはコースターなどを置かれるか、飲み終わったら早い段階で天板を乾拭き、水拭きされるようにしてください。

上記注意事項を守れば、何十年ときれいな状態でご使用いただけます。ご家族の想い出が刻み込まれた愛着のある家具になることを願っております。

【関連記事】
フリッツハンセンのテーブル修理
続 フリッツハンセンのテーブル修理
続々 Fritz Hansenのテーブル修理
続々続 Fritz Hansenテーブル修理

この記事の内容が役に立ったら共有してね!
6月 17, 2019 · Posted in テーブル修理  
    

Comments

Leave a Reply