TOPページ » 家具リフォーム・修理 » その他の家具修理 » この記事

続 民芸箪笥の取手金具

民芸箪笥の取手金具が破損したので、同じ金具を探しているI様へのご案内の続きです。

I様からの返信
早速のご返信ありがとうございました。 金具のとってを固定する部分、内側で測れば5.5センチ、外側だと7.5センチぐらいです。黒いでっぱり部分は約1センチです。 修理をお願いしたい場合は、破損した引き出しを送る形でいいのでしょうか?

安田屋家具店からの返信
現在の金具は引出前板に直径3mmほどの穴をあけて、その穴に金具の糸ネジを差し込み六角ネジで締め付けて取付けてあります。白っぽ色の樹脂製のネジ隠しのキャップが恐らく取付いていると思います。

そのネジ隠しのキャップを取外すと六角ネジが見えますので、ペンチなどの道具を使用して六角ネジをは外してください。

1個の取手金具に2か所のネジ止めとなっていますので2か所とも六角ネジを外してください。

ネジを外した後、ネジ穴の中心~ネジ穴の中心までのサイズ(足巾)を測ってください。

ご用意する同じ形状の金具の場合、サイズ(足巾)は5.7センチ~5.8センチですので、同じサイズであれば簡単に取り換えができます。5.5センチだと0.2センチの違いが生じますのでどちらかの穴をあけ直す作業が必要となります。

ただご使用の民芸家具に使用されている取手金具は、特注金具ではなく、通常の金具なのでサイズ(足巾)の違いは現在の金具とないのではないかと思います。なので穴をあけ直す作業も必要ないのではと考えます。

取手金具の取替はどなたでも簡単にできますので引出しを送る必要はありません。当店より取手金具をお送りしますので、お客様自身で取替が可能です。

取付方は簡単で、現在の金具を上記作業内容で取外した後、新しい金具の少し長めの糸ネジを2か所の穴に差し込みます。ネジ隠し用の白っぽい樹脂製のキャップの凸凹部品の凹部品を糸ネジにはめ入れてから、六角ネジを糸ネジに取付けます。時計回りに六角ネジを回し続け、最後にペンチなどの道具で固く締め付けます。

六角ネジを締め付け終えたら、ペンチ・ニッパなどの道具で長すぎる糸ネジを締め付け終えた六角ネジ付近でポキッとおります。糸ネジをペンチ・ニッパでつかみ左右に動かすと簡単に切れます。

その後ネジ隠しのキャップをはめれば作業終了です。女性の方でも簡単にできます。

需要なのは、サイズ(足巾)です。
上記内容で、現在の金具を外した後に再度ネジ穴の中心~ネジ穴の中心までのサイズをご確認ください。ご連絡お待ちしています。

I様からのご返信
丁寧な説明ありがとうございました。足巾5.7センチぐらいでした。宜しくお願いします。

 続く

この記事の内容が役に立ったら共有してね!
8月 16, 2019 · Posted in その他の家具修理  
    

Comments

Leave a Reply