TOPページ » 家具リフォーム・修理 » 籐家具修理 » この記事

秋田木工No.209スツール

懐かしい・・・、秋田木工製の丸型スツール「No.209」シリーズのもっとも古いタイプとなる座面が籐五分カゴメ編みシートが貼ってあるタイプの座面張替修理のお問い合わせがありました。

大阪市のS様より
秋田木工の籐スツール、座面張替えの見積りをお知らせくださいますか?

安田屋家具店からの返信
お問い合わせの秋田木工製 丸スツール座面籐シート張替修理金額に関してご連絡致します。

当店ホームページにてご紹介している2012年の下記記事では税込13,000円となっていますが、その後価格がアップしました。2019年現在の張替修理金額は税込み16,000円となります。往復の送料が別途必要です。

尚、往復の送料に関しては、円形の座面部分の座枠のみ取外してお送りいただければ、若干価格が下がります。

4本の脚は座面裏の穴にはめ入れて、ネジで止めてあります。そのためネジを外して脚を持った状態で円形座枠を叩くと、座枠の穴から足が外れます。

尚、取外す際は、脚と脚がはめ入れてある座枠の穴にA,B,C,D等の記号をそれぞれに明記して、どの穴にどの脚が差し込んであったのかがわかるようにしておいてください。印が無いと取り付ける際にうまく入らない場合がありますので必ず印をつけてください。

取付ける際はこの手順の逆で行えばできます。ただし無理をすると座枠が割れますので、無理だと思ったらスツール本体ごとお送りください。

S様からご返信
こんにちは。
以前、秋田木工籐スツールの座面修理の件で見積もりをお願いしました、大阪のSと申します。その節は見積もりのご提示ありがとうございました。今日、座面をはずしてみます。本体より座面のみ外し梱包、送付して修理をお願いしたいと考えておりますのでよろしくお願いいたします。  【つづく】

関連記事
続 秋田木工No.209スツール
続々 秋田木工No.209スツール

この記事の内容が役に立ったら共有してね!
10月 14, 2019 · Posted in 籐家具修理  
    

Comments

Leave a Reply