TOPページ » 家具リフォーム・修理 » その他の家具修理 » この記事

キッチン扉の修理

アパート賃貸物件を管理している管理会社様から、キッチンに使用されている扉の修理に関するお問い合わせがありましたのでご紹介します。

弊社管理会社なのですが、賃貸物件のキッチン下の扉を入居者が破損してしまい、修理出来るか?、出来るとしたら費用はどの位になるかお聞きしたいのですが、写真を貼付致しますのでよろしくお願いいたします。

縦は約70㎝、横は約60㎝位の大きさとなります。

安田屋家具店からの返信

扉の修理ですが、扉内部の材質がホモゲン材(パーチクルボード)です。この材料は細かい木材チップを固めて1枚の板にしてあるため衝撃に弱いです。

破損原因は無理な力が扉に加わり、スライド丁番金具の取付ビス穴が破損したものと考えます。スライド丁番金具を見ると開閉角度は90度までだと思いますので、多分、扉を90度以上開けた時に破損したものと考えられます。無理な力がスライド丁番金具を取付けているネジに加わり、穴を破損させてネジが抜けたのでしょう。

修理方法ですが、スライド丁番金具の円形部分をはめ入れる穴の損傷はないものと思いますので、ネジ穴が大きくなった箇所を木材で一度埋木します。

埋木した後に再度ネジ穴をあけます。
ビス止め用部材のプラスチック部品を穴に接着させた後、スライド丁番金具をビス止めして取り付けます。この方法で修理が可能だと考えます。

修理費用は扉1枚(今回は穴2か所の修理) 税込み6,000円です。
往復の送料が別途必要となります。
修理期間はお預かり5日前後です。

修理をご用命される場合は、扉とスライド丁番金具を一緒に送ってください。修理後、金具を取付けた状態にして発送します。ご用命をお待ちしております。

この記事の内容が役に立ったら共有してね!
11月 18, 2019 · Posted in その他の家具修理  
    

Comments

Leave a Reply