TOPページ » 家具リフォーム・修理 » 家具金物(扉用アングル丁番etc) » この記事

AB-Ⅲ刻印の丁番

Y様より金具に「AB-Ⅲ」刻印がある金具のお問い合わせがありましたのでご紹介します。

Y様からのお問合せ
お世話になります。
洋服タンスのアングル丁番の軸が壊れてしまいました。

メーカーも不明で、30年以上前の家具なので廃版になっているかもしれません。代替品の存在、修理の可否等、ご教示いただけたくよろしくお願いいたします。 

安田屋家具店からの返信

金具の刻印「AB-Ⅲ」で探しましたが、現存していませんでした。またご計測いただきましたサイズ(扉側)27mm、(家具本体側)19mmのサイズは「27-19」サイズの丁番となります。

大きくて重量のある扉に対応した金具のようです。残念ながら「27-19」サイズの丁番は、かなり以前に生産中止で、在庫も無く現存していません。したがいまして破損した金具と同じ構造のアングル丁番での取替修理はできません。

アングル丁番金具は扉の微調整ができないため、家具が少しでも平行でないと金具同士が擦れて、やかで金属疲労による破損がおこることから、次第に使用されなくなり、現在主流の「スライド丁番金具」になっていきました。

金具が現存していない場合の修理方法は、現在主流のスライド丁番金具に取り替えることによって修理が可能となります。

ただ「アングル丁番金具」から「スライド丁番金具」に取り替えるという方法は、扉の丁番金具を全て取り替える必要と、扉に金具を取り付けるために彫り込んで あるカップの大きさが違いますので、彫り直しをしなくてはなりません。

またどのタイプのスライド丁番金具を使用するか、取付方法についても専門的な知識と技術が必要になります。お客様自身での取替えは難しいので、そこはプロに任せた方が修理費用は安価で、確実に修理できるのでお勧めします。

そのためには、ご自宅界隈の昔から続いている小規模な家具店、もしくは家具修理専門店にご相談され るとよろしいかと思います。アングル丁番金具をスライド丁番金具に取り替える修理内容はそれほど難しいものではありませんので、当店でもよく行なう修理方法です。

ただし今主流のインテリアショップでは修理不可能、大型家具店では手間がかかっても修理金額が低いことから買替をお勧めして、丁番取替修理などは行いませんので、昔から続いている街の家具屋さんが良いです。街の家具屋さんであれば当然修理方法は知っておりますので、ご相談されれば「アングル丁番金具」を「スライド丁番金具」に取り替えることはできるものと思います。ご参考になれば幸いです。

この記事の内容が役に立ったら共有してね!
2月 15, 2020 · Posted in 家具金物(扉用アングル丁番etc)  
    

Comments

Leave a Reply