TOPページ » 家具リフォーム・修理 » 家具金物(扉用アングル丁番etc) » この記事

40年前の丁番

生活支援サービス、いわゆる便利屋さんを全国で展開しているのBenry様から、40年前の丁番の取替をお客様から依頼されたことに関するお問い合わせがあった。四代目も初めて目にする珍しい金具だったのでご紹介します。

横浜市内のBenry様からのお問合せ
丁番を探していたら安田屋家具店のサイトを見つけたので相談させていただきます。

弊社のお客様から「40年近く使用した家具の丁番が壊れてしまったので直して欲しい。

思い入れがある家具で出来れば直して使いたい」とご依頼がありました。

古い家具の丁番なので建具屋等に聞いたものの見つからず、藁にも縋る思いで連絡をさせていただきました。

同じ物があれば万々歳ですが、なければ代替えで使える物を教えていただければと思います。 他に画像が必要であればお送りいたします。 お願いいたします。

安田屋家具店からの返信
写真を確認しました。
かなり古い金具で、この金具を製造していた工場はすでに廃業したため、まったく同じ金具は残念ながら現存していません。しかし金具サイズが合えば、他工場の金具で代替えできる可能性はあります。

金具を横方向から見て、扉側(A)と、家具本体側(B)のサイズを計測してお知らせください。

扉側(A)は、金具の厚みの上から下方の折れ曲がった部分にある接合ピンの中心までのサイズ。家具本体側(B)は、金具の厚みの下から下方の折れ曲がった部分の先端までです。

代替金具として存在するサイズは下記の通りです。

(A)(B)
1615
2214.5
1520
2020
2015
2219
2415
2420
2424

1~2mm程度の違いは問題なく取り換えができます。

ただ1点代替金具と破損金具の違いがあります。
それは扉側に取付ける金具の形状です。

破損金具は四角形ですが、代替金具は直径35mmの円形です。そのため扉にあいている四角形の穴を代替金具の円形部分がはめ入れられるように彫り広げる必要があります。

現在の扉にあいている四角形の溝の幅が35mm×35mm以上あれば彫り直す必要は無、四角形の溝に代替金具の円形部分をはめ入れてネジで固定すればよいです。扉にあいている溝のサイズも確認ください。

金具サイズ(A)と(B)のサイズがわかればご返信下さい。代替金具をご提案させていただきます。

この記事の内容が役に立ったら共有してね!
6月 10, 2020 · Posted in 家具金物(扉用アングル丁番etc)  
    

Comments

One Response to “40年前の丁番”

  1. 大城 真 on 6月 14th, 2020 4:07 PM

    姿鏡の枠の色を変えたいのですが、できますか?又価格はいかほどとなりますか?現在朱色!ナチュラルウッド調を希望!高価な物でないのでほどほど希望に近い感じに仕上がれば幸いですが。

Leave a Reply