TOPページ » 家具リフォーム・修理 » その他の家具修理 » この記事

塗替修理について

O様から姿見鏡の木枠部分の塗直しリフォームに関してのお問い合わせがあった。ここ最近色を塗替えたいとのご相談が多く寄せられていることもあり、塗り替え修理に関する基本的なことをお知らせいたします。

O様からのお問合せ
姿鏡の枠の色を変えたいのですが、できますか?
又価格はいかほどとなりますか?
現在朱色!ナチュラルウッド調を希望!
高価な物でないのでほどほど希望に近い感じに仕上がれば幸いですが。

安田屋家具店からの返信姿鏡の木枠部分の素材が無垢材か、突板仕上げなのかによっても変わりますが、現在の色「朱色」をナチュラルウッド色に塗り替えることは、残念ながら基本的にはできません。

色の濃い色を薄い色に塗り替えるには、一旦現在の塗装を全て削り落とし、木地の状態にしてから再塗装をしなければなりません。

材質が無垢材であれば、木地の状態まで削り落として現在の塗装を全て削り落とす事はできます。ただ削り落とす作業費が高価となりますので買い替えた場合の金額とあまり変わらなくなる場合が経験上多いのでお勧めできません。

材質が突板張り仕上げの場合、色を除去するまで木部を削ると薄い突板が無くなり、下地の合板材が露出するためできません。

色がナチュラル色のような薄い色をこげ茶色などの濃い色に塗り替えることは可能ですが、今回ご相談のようなその逆は、基本的にはできないのです。

塗替え、特に現在の塗装色を他の色に色替えしたい場合に関しては、現在の状態によって修理できる場合とできない場合、特に金額的にお勧めしない場合もありますことをご理解ください。

この記事の内容が役に立ったら共有してね!
6月 28, 2020 · Posted in その他の家具修理  
    

Comments

Leave a Reply