TOPページ » 家具リフォーム・修理 » その他の家具修理 » この記事

唐木座卓塗直し修理

座卓の塗直し修理が続きます。
今回の座卓は、40年前に購入された唐木漆塗り座卓です。長さ120㎝、奥行80㎝の小ぶりなサイズです。

天板表面の漆は長年の使用で摩耗しすり減っています。

脚の接合部が若干緩んでいるので、圧着接着が必要です。

天板表面を重点的に削り、側面の幕板、脚部も表面の漆を削り落とした後、今回はウレタン樹脂塗装で仕上げます。

本うるしでの塗替え費用もお見積りいたしましたが、実用的に毎日使用する座卓なので、お手入れのしやすく、費用も安価なウレタン樹脂塗装での塗替えをお決めいただきました、

修理期間は約2週間。
塗直し費用は、税込62,000円です。
往復の送料が別途必要となりますが、今回は岐阜市のお隣、笠松町のお客様でしたので、引取・納品は四代目が行いましたので、無料サービスいたしました。

仕上がりましたらご報告いたします。

【関連記事】
続 唐木座卓塗直し修理

この記事の内容が役に立ったら共有してね!
11月 4, 2021 · Posted in その他の家具修理  
    

Comments

Leave a Reply