TOPページ »四代目のつぶやき » この記事

両陛下様ご滞在のお部屋

海のない岐阜県で開催された「豊かな海づくり大会」に、4年ぶりに岐阜県にお出かけいただきました天皇陛下様、皇后陛下様をお迎えして、6月12日・13日の二日間の日程で無事終了しました。この二日間、岐阜市、羽島市、関市、美濃市、川島町、土岐市と多くの場所をご訪問された様子が岐阜新聞に掲載されていました。

少し前までご病気療養中であられた天皇陛下様におかれては、お疲れがなかったかと心配します。

2泊3日の滞在日程中、ご宿泊先となられた「岐阜グランドホテル」様の協力店として、ご滞在の御部屋の備品として必要な「三面鏡台」「姿見鏡」をお部屋に入れさせていただきました。「岐阜グランドホテル」様の協力店として、皇后陛下様のお気に入りの家具、また皇太子妃雅子様ご使用の家具をご用意させていただきました。お部屋に入られて一目ご覧になられたらお分かりになったかと思いますが、それを確かめる術はありませんのでわかりませんが・・・・、多分お気づきになられたことでしょう。お役に立てたならばこの上もなく光栄なことです。

そしてご出立後の6月14日に「三面鏡台」「姿見鏡」を引き上げに行ってきました。お部屋はすでに清掃・メーキング作業に入っていて、てんやわんやの状況でした。ご用立ていたしました「三面鏡台」「姿見鏡」をご使用になられたと思うと、手を触れることが恐れ多いことで緊張しました。

「三面鏡台」は清掃をせずに、このままの状態で安田屋家具店3階の【 家具の宝石 KIT家具 】コーナーに展示することにしました。

 中央がこの三面鏡台

 鏡を開いた状態

カウンターセット、ダイニングテーブル・チェアーセットも展示してあります。

今日の岐阜新聞に昨日の夜、御部屋の前の河川敷で岐阜市民約1500人が、提灯と小旗を振る「奉迎県民の集い」が行われたそうです。新聞には岐阜グランドホテルの一室から両陛下が手にした提灯が窓越しにともると歓喜の声がわき起こったと書いてありました。

ひょっとするとこの窓にお立ちになられたのは・・・・、

またはこの窓にお立ちになられ・・・・、提灯をふられたのでしょうか。

この窓の場所であったとしたら、今、こうして同じ場所に立っていることが恐れ多いことであり、緊張します。

もしこの窓だったとしたら、このような風景の所に1500人の市民が歓迎していた様子をご覧になられたことでしょう。この場所だったかどうかはわかりませんが・・・。

めったに経験できないことであり、また時代が時代であれば・・・・・、いろいろなことを想像してしまった特別な日となりました。

6月 17, 2010 · Posted in 四代目のつぶやき  
    

Comments

Leave a Reply