TOPページ »四代目のつぶやき » この記事

極上飛騨牛「最とび」コース1

 安田屋家具店が立地する美殿町では、商店主が月に一度集まる「講(こう)」というものがあります。昔は今のように簡単にお金を借りることができなかった時代なので、商店主が毎月1度一定額のお金を出し合い、商売上どうしても必要な時には、利息の額で競合う競りを行なってそのお金を借り合うという相互扶助から行なわれたものです。頼母子講(たのもしこう)と呼ばれる会ですね。
今はこのようにしてお金を借り合う必要性はなくなりましたが、メンバーが毎月金を出し合い、積み立てられた金で宴会や旅行を催す場合もあれば、くじに当たった者(くじと言いながら実際は順番であることが多い)が金額を総取りする形態として残っています。美殿町で行なわれる講も本来の目的よりも、商店主同士の懇親を深める目的で開催しています。

 講の名前は「美友会(びゆうかい)」といい、毎月20日夜7時から開催しています。今月で444回目の開催となりましたので37年間続いています。四代目も今から24年前に入会させられました。27歳の時に回りは40代以上の旦那ばかりだったので緊張しましたが、持ち前の性格もあってかその内にタメ口になりました。全員年上ばかりだったので、商売のことや街づくりの話題が面白かったですね。今でもこの年齢差は縮まりませんので一緒なんですけどね。

 現在参加している旦那衆は「ふとんのお店 すずきや」、茶道具の「中嶋祥雲堂」、和菓子の「おきなや総本舗」「甘泉堂総本店」、花屋の「花倶楽部オザキ」、漬物店の「美殿屋漬物店」、履物の「小川屋本舗」、歯科医院の「永田歯科」、漆器・陶器の「小林漆陶」、そして安田屋家具店の10店舗11名です。

 いつのころか毎年6月は「慰安旅行」となっていて、当初の頃は各地の活性化している商店街の視察を兼ねていました。そのうち温泉地に行クコとが多くなっていきました。熱海の大観荘、下呂の湯の島館、西浦温泉、篠島などなど。最近はこの6月の「慰安旅行」への参加者が少なくなったこともあり、昨年から美殿町周辺の「気になった店」とか「行ってみたいけど高そうで個人ではちょっと行かない」そんなお店に行くこととしました。特に「肉」に限定することとなりました。昨年は、歩いて3分ほどの「松屋」、歩いて1分の「まつ井」の飛騨牛のステーキを堪能しました。

 今年は、毎年6月を担当する四代目が、前々から気になっていたけど高そうなので入ったことの無い「飛騨牛一頭家 馬喰一代(ばくろいちだい) 神田町店」に決定しました。24年前に岐阜青年会議所(岐阜JC)に一緒に入会したFさんが経営しているお店で、最近は花の都東京は銀座にも出店しているお店です。24年前は「チャコールFUKAO」という店名で、1度宴会をしたことがありますので、それ以来、なんと24年ぶりとなりました。Fさん四代目のこと覚えているかなぁー???


 いろいろなコースがありましたが、なかなか個人的には頼めない金額である一人1万円の【飛騨牛炭火焼スペシャル・・・飛騨牛「最とび」コース(小付、前菜三種盛り、極上飛騨牛刺身盛り、極上牛タン、サラダ、極上飛騨牛『最飛び』盛り、焼野菜盛り、本日の海鮮焼き、自家製ソーセージ、ご飯、香の物、デザート)】を予約しました。もちろん飲み代は別途です。「最とび」とは、「飛び牛」500kgに潜む、ごくわずかな黄金肉であり、牛を知り尽くした達人の目が光る至極の肉、それが「最とび」です。岐阜の豊かな自然の中で丹誠込めて育てた生産者 と、その愛情を受けて育った飛騨牛、そして当主の職人魂…すべてが一心同体となって生まれる、肉の芸術品。その脂と肉のバランスは、まさに「牛肉の黄金比」です。酸いも甘いも噛み分けた、本物を知る大人のための秘蔵肉です。まさに美友会メンバーに相応しい内容です。

 午後7時にお店を閉めて美殿町から歩いて10分前後の「飛騨牛一頭家 馬喰一代 神田町店」に各自向かいます。四代目が歩いていると「ふとんのお店 すずきや」「花倶楽部オザキ」の旦那と一緒になりました。

 店内に入店すると、すでに1階全室満員でした。6月20日月曜日なのに大盛況のお店です。「美友会」の席に案内されるとすでに「おきなや総本舗」「甘泉堂総本店」「小川屋本舗」「永田歯科」「小林漆陶」の旦那は席についていました。普段の月の「美友会」は毎回欠席される「小林漆陶」の旦那は、この6月の肉料理だけは真っ先に着席されているようです。また「肉料理」好きな「美殿屋漬物店」の旦那は今回珍しく欠席でした。残念。

 参加者全員そろったところで、まずは乾杯のビールです。四代目は1ヶ月ぶりのビールかな。美味かった。

 今日は飛騨牛の炭火焼。そのためテーブルの中央に備長炭が赤々と燃えている七輪が置いてあります。各自の前にはすでに小付、前菜三種盛り、極上飛騨牛刺身盛りとサラダがありました。

 各自好きな飲み物を注文。お店オリジナルの日本酒「馬喰一代」を注文するも在庫切れ。「商品管理が甘いですな」と旦那衆がぼやいていました。そこで「八海山」を注文。あとは麦焼酎の日本茶割りなどなど・・・。

 四代目はビール一筋なので瓶ビールを数本注文したところで、メインの飛騨牛「最とび」が運ばれてきました。  つづく

8月 27, 2011 · Posted in 四代目のつぶやき  
    

Comments

Leave a Reply