TOPページ »商品紹介 » リビングルーム » この記事

小泉 誠さんの円形座卓

 先日ご紹介したお客様宅のインテリアプランのプレゼンテーション商品の中の円形の座卓のご紹介です。

 この座卓は家具デザイナーとしてご活躍の「小泉 誠」さんのデザインです。伝統的な座卓とは違い、シンプルでモダンなデザインの座卓です。

 高松商工会議所JAPANブランド育成支援事業「6joプロジェクト」としての四国、高松から発信するものづくり企画の中で作り出された家具です。このプロジェクトは、様々なジャンルで活躍する9人のクリエーターたちが違った感性でとらえた生活の楽しみ方を提案しています。そのなかで建築家として9坪ハウスの設計などで知られている小泉 誠氏デザインによるものを「モリシゲ」工場が製作したのです。

 直径1100㎜の円形天板表面には、大小3つの円形模様があります。この模様は、天板表面に布を貼り、その上に塗装を行ったことによる模様となっています。漆技法で使われる「布貼仕上」と言う技法です。この布の質感が、無機質な天板に表情を与えてくれています。天板に使用するとは、まさにデザイナーの感性です。

 高さは365㎜の座卓用と、700㎜のテーブル用の2種類あります。価格は両タイプとも税込特別価格165,000円でご提案いたします。

 脚部は、樺桜無垢材とウォールナット無垢材の2種類を使用し、オイル仕上げとなっています。樺桜材のナチュラル色とウォールナットのブラウン色のコントラストがいい塩梅となっています。また脚は細っとりとしていて座卓の大きさを感じさせません。

 脚と天板は、六角ボルトで取り外しができるようになっていますので、収納する時には場所をとらないのでとっても便利です。

 近々、安田屋家具店のネツトショップ「ぎふ楽市楽座」店でも取り扱う予定です。その前にご購入をご希望の方は、安田屋家具店までご一報下さい。

コーディネート例

10月 20, 2011 · Posted in リビングルーム, 和家具  
    

Comments

Leave a Reply