かつて一世を風靡した「フロアーリビングチェアー」の張替ご相談がありました。全面布地張りタイプです。座面クッションが座布団のように独立してありました。奥様のご婚礼道具としてご持参された思い出深い「フロアーリビングチェアー」です。15年ほど前、安田屋家具店でも多くご販売しました。

椅子の形態としては、肘無し×3脚、片肘兼コーナー椅子×2脚の5脚セットでした。

この記事の続きを読む »

5月 3, 2011 · Posted in 椅子張替え  
    

 ダイニングチェアーの座面裏張り布地がボロボロになったので張り替えて欲しいとお持込いただきました。

座面裏張生地を見ると、なるほどボロボロに破れてしまっています。

布地にはメーカー名なのでしょう「Calligaris」の文字が確認できました。
多分輸入家具です。

この記事の続きを読む »

5月 7, 2011 · Posted in 椅子張替え  
    

 北欧家具のダイニングチェアーです。

 20数年前に流行したスカンジナビィア地方デザインの家具です。
 独特のシンプルデザインで、材質はチーク材が主です。
 時々今でもご修理などで見かけるダイニング家具です。

 ダイニングチェアーの座面がグワッグワッと座るたびに凹むとの事です。思い当たる節がある修理内容です。座面材である合板板が、年数の経過とともに積層部分がはがれもろくなった事が原因です。座面の裏を見てみると、やはり合板材の耐久性がなくなっていました。今にも破れてしまいそうな状態でした。

 この椅子の特徴として、座面と脚がそれぞれ接合して一体化してあることです。座面を外すには、左右の前脚、左右一体の背脚と座面を接合してあるボルトを外します。接合ボルトはチーク無垢材の脚に直接ねじ込んであります。そのため慎重に取り外さないといけません。直接木部にねじ込んであるので、何回も取付・取外を繰り返すと、徐々にボルトが効かなく なってしまいます。

この記事の続きを読む »

5月 9, 2011 · Posted in 椅子張替え  
    

 広島に工場のある家具工場「マルニ」
 ヨーロピアンデザイン家具には定評があります。代表的なシリーズでは「地中海」シリーズ。日本国内の家具工場でマルニのヨーロピアン家具デザインが、日本のご家庭には一番あっているのではないかと思います。

 安田屋家具店も長年「マルニ」商品を自信を持ってお勧めしております。
 今回、その「地中海」シリーズのダイニングチェアーが大量に入荷してきました。

その数40脚。背・座面の張り布地も別張りでオーダーしたものです。
久しぶりの数まとまった生産に工場も活気付いたことでしょう。

今か今かと待ち受けていた閉店間際、やっとトラックが到着しました。

この記事の続きを読む »

5月 11, 2011 · Posted in リビングルーム  
    

 20年ほどご使用になられている「マルニ」地中海シリーズのパーソナルチェアーのご修理が完成しました。

 椅子木部の塗装がはがれてしまっているので塗り直しをしたものです。長年の使用にもかかわらず、使用頻度が少なかったため布地・中身クッション材には問題ありませんでした。そのため布地部分を一度取り外してから木部のみを塗り直します。塗り直し完了後に、取り外した布地を張り戻します。

この記事の続きを読む »

5月 13, 2011 · Posted in リビングルーム  
    

次ページへ »