TOPページ » 四代目のつぶやき » この記事

聴神経腫瘍 2年前の3月13日

ちょうど2年前、四代目に見つかった「聴神経腫瘍」の摘出手術を東京警察病院 河野先生の執刀で行なわれたのでした。時が経つのは本当に早いもので、あれから2年が経過し、いまは手術前となんら替わらない生活に戻り、元気で仕事に取り組んでいます。手術側の右耳が失聴したので、ざわついた場所での会話や、右側から声をかけられたときには聞きずらいか、まったく聞こえない状態ですが、それ以外はふらつきやめまい、顔面麻痺もなく、普通に生活しています。聞きづらいといっても、まったく聞こえないわけでもなく、普通に手術前と同様の会話は成立していますし、人の話も聞こえていますので、なんら不自由は感じません。

手術後2年が経過したので、時系列に合わせて東京警察病院にて2011年に行なわれた四代目自身の手術体験記を再掲載しようと思います。今、聴神経腫瘍で大きな不安を抱えておられる方々の一助となれば幸いです。

河野道宏先生は、2013年4月から東京医科大学に主任教授として異動されます。そのため4月以降の手術などの詳しい情報は河野先生のホームページでご確認ください。【脳神経外科医 河野道宏先生のホームページ】

3月13日 手術後10日目

外界から閉ざされた病室内は平穏。ぐっすりと寝た気分で目覚め時計を見る。まだ深夜12時40分だった。ウトウトして次に早朝4時40分に目が覚めそのまま起床。




朝食後、体力回復のためと屈伸運動を20回×3セットを行った。手術前の時のようにできた。519号室の隣は個室になっていて、ちょうど空いていたのでどんな部屋なのか見させてもらった。4人部屋とは違いゆったりとしている。家具屋の性分かついつい設置されている家具に目がいってしまう。「オリバー」のハイバックチェアーが設置されていた。

個室は個室でいいけど、やっぱり大部屋は大部屋の楽しさがあります。個人的には大部屋の方が楽しい入院生活が送れます。他人のいびきや生活音が気になる人や、プライバシーに固執される方は個室の方がよいのでしょうね。

少し感動。10時に担当医が回復振りを見に来てくれた。
「目を瞑ってみて」
「口をすぼめてみて」
「片足で立ってみてください」

片足で立てた。立てた。

「全て順調ですね」と一言声をかけて行かれた。

今日一日は何もない。談話ラウンジで夕方まで過ごす。途中、病室に戻ると親戚が見舞いに来ていた。東京警察病院の近く、新宿区上落合にいる叔母さんだった。御見舞いのカステラがベットの上にメモと一緒に置いてあった。感謝。

今日の服装です。

少ない手持ちの服の中から毎日とっかえひっかえして違う服装にしています。「病を治すのは気から」ていうじゃありませんか。入院中でも服装に気を配ると、心身ともにリフレッシュします。一日中パジャマ姿で過ごす入院患者さんが多いのですが、やっぱり気持ちをしっかりと持っていたほうがいいと思いました。そのためには入院生活にメリハリを付けるために服を着替えるということは、退院に向けての回復の役に立ちます。

消灯前の8時に寝る。気分爽快で目覚め、時計を見た。深夜2時30分だった。6時間ぐっすりと睡眠した。その後ラジオを聞きながら、起床時間までウトウトと夢の中を行ったり戻ったりしていた。

この記事の内容が役に立ったら共有してね!
3月 13, 2013 · Posted in 四代目のつぶやき  
    

Comments

Leave a Reply