TOPページ »パソコン忘備録 » この記事

WordPressをなぶる 2

デジタルなお話ですみません。
しばらくおつきあいのほどを・・・・。

三共薬局が使用しているホームページソフトWordpressの投稿記事編集画面がおかしくなっていることを先日お伝えしました。Word間隔で、直感的に、ビジュアル的に編集作業ができるはずの「ビジュアルエディター」が選択できない不具合。 いろいろネットで調べ、プラグインを入れれば解決するのではと「ビジュアルエディタ」のプラグインを設置するものの、一向に改善の兆しが見えてこない。人間は、ほとほと困ると、ある瞬間、パッとひらめくことがあるんですね。良いか、悪いかは別にして・・・・。

四代目がひらめいた解決方法とは・・・・。

そうだ!!、Wordpressのバージョンを上げれば問題は解決する。でした。

新サーバーにWordpress情報を移転した時に、何らかの不具合が生じ、うまく移転できないデーターがあり、そのため三共薬局のWordpressでは「ビジュアルエディタ」が選択できないし、プロフィールの「個人設定」に「ビジュアルエディタを使用する」項目が存在しない症状にもきっとなっているんだと考えたわけです。

であれば、バージョンアップして各ファイルを上書きすれば元に戻るんじゃないかという素人考えです。別な側面として、安田屋家具店のWordpressは3.1.1なので、最新バージョンに上げたかったのだが、旧サーバーが対応していないとの話を聞いていたので躊躇していたこともあった。 新サーバーではWordpressの最新バージョンに対応しているという話だったので、言葉は悪いが、三共薬局のホームページで試してみようと思ったのです。うまくいけば・・・・、その後に安田屋家具店もバージョンアップしようと姑息に思ったのでした。

万万が一、失敗しても旧サーバーにもホームページのデーターが保存されているので、元に戻せる保険はあるこのタイミングが一番よいと考えたのです。 そして三共薬局のWordpressバージョンを確認すると・・・・、なんと2.9.2。相当古いバージョンで、ホームページを公開した4年前のままであることがわかった。古すぎです。

三共薬局の管理画面からWordpressの最新バージョンの3.5.1にバージョンアップを命令。1分から1分半程度で「バージョンアップに成功しました」と表示された。 すぐさま三共薬局ホームページの管理画面を確認。新規投稿で編集画面を見てみると、ちゃんと「ビジュアルエディター」が選択できるようになっていた。プロフィールの「個人設定」でも「ビジュアルエディタを使用する」項目がちゃんとあった。

よかったぁーー!!、これで一件落着。

バージョンアップになんら問題がなくできたことを確認したので、安田屋家具店、すずきや、美殿町の3つのホームページのそれぞれのWordpressのバージョンも最新の3.5.1にバージョンアップしたのでした。何事も問題なくバージョンアップが完了したのを見届け、すぐさま三共薬局の若旦那の所に向かい、使用しているパソコンでホームページを確認してもらった。最新バージョンのWordpressへの管理画面などの変り様に驚いていた。徐々に操作には慣れると思いますけどね。

そこに布団のすずきやの若旦那がきたので、ことの経緯を説明して、Wordpress最新バージョン3.5.1の管理画面を一緒に見たのでした。「すずきやのホームページもバージョンアップしておいたからねぇ~」「ありがとうございます」てな会話をしながら三共薬局の編集画面を見ていて、?????、なんか安田屋家具店と違うことを発見した。

何が違うんだろう????、でもなんか違う。

もうそのことが気になって気になって、三共薬局とすずきやの若旦那二人を置いてすぐさま安田屋家具店に戻る四代目でした。 デジタルな日々がまだまだ続きそうです。・・・・つづく

2月 25, 2013 · Posted in パソコン忘備録  
    

Comments

Leave a Reply