TOPページ »家具リフォーム・修理 » 家具金物(扉用アングル丁番etc) » この記事

はじめてみるアングル丁番金具

はじめまして。
例にもれず、親からの依頼で古い食器棚の蝶番を探しています。廉価品と評判のKマークの入った蝶番です。Kマーク以外には「10 KG 06 」と入っています。 貴社のサイトを読ませていただきましたところ探している蝶番のサイズは、「23-6」となるようですが、このような数字のものはみつかりません。対応する代替品はありますでしょうか? よろしくおねがいいたします 。

s-P1010864

s-P1010865

安田屋家具店からの返信 破損した金具を見ました。はじめてみる形状のアングル丁番金具です。残念ながらこの形状の金具はすでに製造中止で現存していません。 扉にあいている穴の直径は35ミリあるでしょうか。穴の直径が35ミリ以下の場合は、穴を彫り広げる作業が必要となります。

s-P1010866

s-P1010867

現在の金具の形状はこのような形状です。扉側に取付ける部分が大きく違います。

20-20gb2 コピー

次に金具のサイズですが、扉の厚みが20で、側板の厚みが15の場合は20-15サイズとなります。ご自宅の家具の扉の厚み、側板の厚みをご確認下さい。現存する金具のサイズは、16-15、15-20、20-15、20-20、24-20、18-19、12-19以上のサイズのみが現存する金具です。これ以外のサイズはありません。扉の穴が35ミリあり、上記のサイズのいずれかであれば簡単に取替えができます。

金具が現存していない場合の修理方法は、現在主流のスライド丁番金具に取り替えることによって修理が可能となります。ただ「アングル丁番金具」から「スライド丁番金 具」に取り替えるという方法は、扉の丁番金具を全て取り替える必要と、扉に金具を取り付けるために彫り込んで あるカップの大きさが違いますので、彫り直しをしなくてはなりません。 またどのタイプのスライド丁番金具を使用するか、取付方法についても専門的な知識と技術が必要になります。お客様自身での取替えは難しいので、そこはプロに任せた方が修理費用は安価で、確実に修理できるのでお勧めします。

そのためには、ご自宅界隈の昔から続いている小規模な家具店、もしくは家具修理専門店にご相談され るとよろしいかと思います。アングル丁番金具をスライド丁番金具に取り替える修理内容はそれほど難しいものではありませんので、当店でもよく行なう修理方法です。ただし今主流のインテリアショップでは修理不可能ですが、昔から続いている街の家具屋さんであれば、当然修理方法は知っておりますので、ご相談されれば「アングル丁番金具」を「スライド丁番金具」に取り替 えることはできるものと思います。ご参考になれば幸いです。

Comments

Leave a Reply