TOPページ »家具リフォーム・修理 » 椅子張替え » この記事

椅子用ゴムバンド

福岡県築上郡のK様よりのお問合せ
ソファーのベルトが切れたのですが、修理は可能でしょうか。写真を送ります。

IMG_9413

IMG_9414

IMG_9410

安田屋家具店からの返信
破損したソファーの座面下にあるゴムバンドの写真を確認しました。現在ではこのような椅子木部の溝にゴムバンドを引っ掛ける方式が採用されなくなったために、ゴムバンドの先にある金属製の引っ掛け部品が現存していません。そのため現在と同じような部材を作ることができません。

IMG_9412

IMG_9411

修理方法としては、「ウエビングテープ」と呼ばれる椅子用のゴムバンドを直接椅子木部に張り付ける方式となります。ゴムバンドを井桁状に編み込みながら椅子木部にエアーネイル(タッカー針の大きいもの)にて打ち付けて止める方式です。

椅子本体をお預かりしないと修理作業ができませんので、ご自宅界隈の椅子張り屋さんに依頼されるか、昔から続く家具屋さんに修理を依頼されることをお勧めします。ネットで検索されると数多く椅子張替え屋さん情報が出てきます。当店でももちろんご修理はさせていただきますが、往復の運賃が高価になりますのであまりお勧めいたしません。

またゴムバンド方式以外には、合板板を敷く方法もあります。合板板の場合は、弾力がありませんので、座られた時の感触は現在よりも硬い座り心地となります。でも将来的にゴムバンドの張替え修理は必要なくなる利点があります。

7月 31, 2015 · Posted in 椅子張替え  
    

Comments

Leave a Reply