TOPページ »家具リフォーム・修理 » 家具金物(扉用アングル丁番etc) » この記事

女性でも取替ができた古い蝶番

安田屋家具店が立地する岐阜市のお隣、愛知県春日井市からK様の奥様よりお問合せ。

はじめまして。愛知県春日井市のKと申します。
実は今日、私が26年前嫁入りの時に購入した食器棚を開けた時に、扉を支えていた丁番が折れてしまいました。購入した店は地元の(滋賀県大津市)の個人の家具屋さんですが今はもうお店を閉められています。

上下とも折れてしまったので今は食器棚が丸見えの状態です。明日ホームセンターに行くか。行っても無いだろうなと困っていました。

取り敢えず丁番のネジを外し「atom」の文字と「1520」の品番を確認しネットで調べていたら安田屋家具店ホームページの画像が私の家の丁番と同じであることを見つけました。(嬉しかったです)

おそらく安田屋家具店のブログの記事から私が探しているのは「K」刻印のアングル丁番ではないかと思います。ただこのブログ記事はが2015年であり現在の在庫があるのかわかりません。

壊れた丁番の写真を添付しますので在庫があるか教えていただけないでしょうか。大変申し訳ありませんが、壊れたのが食器棚だけに急いでおりますので電話で返事を頂けたらありがたいです。また女性でも取替ができますでしょうか。よろしくお願い致します。

安田屋家具店からの返信
破損した金具と全く同じ金具は現存していませんが、K刻印のあるほぼ同じ金具が現存していますのでご安心ください。

破損した金具の写真を確認すると、扉にあいている金具をはめ入れる穴の長さが短い旧タイプの金具ではないかと思いますので、扉の穴の直径と長さを確認してください。

穴の直径が35mm、長さが27mmであれば簡単に金具が取り換えられます。現存する「1520」の金具は全て27mmとなります。

古い旧タイプの場合、穴の長さが24mmと短いタイプがありますので、その場合は穴を彫り広げる作業が必要となります。

現存するのK刻印の金具の色は「ゴールド色」のみとなります。破損金具と同じ「こげ茶色」は、他工場の金具であります。

家具本体側に取付ける形状が、長方形か楕円形かの違いだけで、他は同じです。どちらの金具も1個税込み450円です。送料が別途必要です。

K様からの取り換え完了報告
5月24日に食器棚の丁番についてメールをしました春日井市のKです。

本日K刻印アングル丁番15-20が届きました。電話でも話していたように、我が家の扉にあいている金具をはめ入れる穴の長さが24mmでした。旧サイズですね。そのため送られてきた現在の金具の円型部分の長さ27mmそのままでは穴にはまりません。

アドバイス頂いたように彫刻刀で穴を彫り広げました。3mmといっても彫るには結構あり慎重に彫りサンドペーパーで磨いて何とかはまりました。

なんと主人の手を借りず私1人で出来ました。

丁番が壊れ途方に暮れていたところ、安田屋家具店ホームページと出会い、迅速に丁寧に対応して頂き感謝しております。古い食器棚だったので、丁番2つで新しい食器棚を買わずにすみました。

約1週間ホコリ防止に新聞紙で隠していたのですが、扉が元通りになってとても嬉しいです。本当にありがとうございました。メールにて御礼を申し上げます。

安田屋家具店より
女性おひとりで扉の穴を3mmも彫り広げられたのはさぞかし大変な作業だったと思います。電動工具があれば簡単にできますが、一般ご家庭にあるはずもなく、手彫り作業だったと思います。お疲れさまでした。K様のお役に立つことができ光栄です。

今回ご紹介の金具「15-20」サイズは、24時間365日いつでも安田屋家具店オンラインショップにてお買い求めいただけます。ぜひご量ください。

6月 13, 2017 · Posted in 家具金物(扉用アングル丁番etc)  
    

Comments

Leave a Reply