TOPページ » 家具リフォーム・修理 » テーブル修理 » この記事

フリッツハンセンのテーブル修理

東京都調布市のA様からのご相談
こんにちは。Webサイトで拝見してメールしています。

20年前に購入したフリッツハンセンのテーブルの表面がヒビ割れなどでひどくなってしまったので、修復にどのくらいかかるか教えていただきたくお願いいたします。

実物より写真は傷みが鮮明な感じに写っています。

角を落とした115センチの円形です。
表面を研磨して仕上げは塗装ではなく、木の色を生かしたようにしていただけたらと思います。

他社さんにお尋ねしたところひび割れがひどいので、ひび割れを修復(ひとつずつ埋めると伺いました)した後は、下の色がわからないような塗装をするしかないとお返事をいただき断念しました。

安田屋家具店さんの積層合板でも削ってきれいに仕上げておられた事例を拝見して、我が家のテーブルもまた綺麗になるのかもと一縷の望みをいだいています。

大体の納期と金額をお教えいただけないでしょうか。お手数おかけします。どうぞよろしくお願いいたします。

Fritz Hansen(フリッツ・ハンセン)社は、1872年に若き家具職人のフリッツ・ハンセンによって創業された会社で、北欧デンマーク家具の代名詞となっています。

そしてフリッツハンセン社/Fritz Hansenの人気のテーブルは、なんといっても「スーパー円テーブル(Bテーブル)」ですね。

大変シンプルなデザインですが、とても計算されたデザインです。天板のデザインはピート・へイン氏で、脚のデザインはスゥエーデンの巨匠ブルーノ・マットソン氏によるデザインです。

1950年代に数学者でもあるピート・ハイン氏が、幾何学公式とコンピュータを駆使してデザインしたものです。正円でもなく正方形でもなく、「スーパー円テーブル」と呼ばれる独自のデザインは、独特なカーブがとても美しい天板です。

脚の部分のスパンレッグはブルーノ・マットソン氏によるデザイン。工具不要の脚の取り付け設計もほんとに見事です。

現在の価格は25万円ほどのようです。

安田屋家具店からの返信
テーブル写真を確認しました。
当店の修理方についてご案内いたします。 次回に続く

【関連記事】
続 フリッツハンセンのテーブル修理
続々 Fritz Hansenのテーブル修理

この記事の内容が役に立ったら共有してね!
6月 3, 2019 · Posted in テーブル修理  
    

Comments

Leave a Reply