TOPページ » 家具リフォーム・修理 » 家具金物(扉用アングル丁番etc) » この記事

食器棚丁番24×18

I様から食器戸棚の扉丁番についてのお問い合わせです。

I様よりお問合せ
突然のお問い合わせ、失礼致します。
30年前に購入した食器棚の丁番が磨耗して、カラス扉ががたついてきました。

外して書かれている数字を見たところ24-18となっていました。

ホームセンターやネットで探しているのですが、このサイズの商品が見当たりません。購入した家具屋さんも閉店してるので、問い合わす事も出来ずです。24-20などで代用できるのでしょうか?

今回は、幸い右端の扉なので、スペースにゆとりがありますが、中央のものになると、扉と扉の隙間が2mm程度なので、いずれはぴったりのサイズのものが必要になるのだろうなと思っています。取り急ぎとしては、取り外した右端の扉を治したいので、24-20でも大丈夫かをお伺いしてみたいと思いました。

24-18を在庫されているようでしたら、注文させていただきたいと思います。よろしくお願いいたします。

安田屋家具店からの返信

金具A(金具扉側)の金具の厚みの上から下方の接合ピンの中心までが24mm。B(家具本体側)金具の厚みの下から下方の折れ曲
がった先端までが18mmであれば、刻印通り「24-18」サイズです。

破損金具「24-18」サイズは、残念ながらすでに生産中止で、在庫も現存していません。代替金具も同じサイズの金具は現存していません。

一番近いサイズは「24-20」または「24-15」がありますが、「24-15」は3mmもサイズが異なるので代替金具としては使用できないものと考えます。

実店舗での金具取り換え実績では、1~2mmのサイズ違いは問題なく取り換えができていますので、I様の場合はご指摘の「24-20」サイズで代替えができるものと考えます。

ただ両開きで隙間が2mmしかない場合、両扉の金具を取替えた時に扉同士が合わせ目でぶつかることが考えられます。ただし実際に金具を取り換えてみないと確実なことは分かりません。片開き扉は問題なく取り換えができるものと思います。

代替金具「24-20」は破損金具と異なる点があります。
金具円形部分の形状とサイズです。
破損金具は先端が丸く両側は直線になっているロケット型になっています。

代替金具は直径35mmの円形です。そのため扉にあいている穴のサイズを若干彫り広げる作業が必要になる場合があります。
穴のサイズ図にて、現在の扉の穴とサイズを比較ください。

「24-20」サイズの金具は1個税込み680円です。ビスが6本付属します。送料が別途必要です。

尚、金具は3種類あります。家具本体側に取付ける部位が楕円形の金具は「ゴールド色」のみとなります。

家具本体側にとりつれる部位が長方形の金具は「こげ茶色」と「仙徳色」があります。

3種類ともサイズは同じ「24-20」です。当店実績から判断すると長方形タイプの金具(下段の写真)よりも、楕円形タイプ(上段の写真)の方が強度・耐久性が若干優れていると思います。

金具は24時間365日、いつでも安田屋家具店オンラインショップにてご注文いただけます。ぜひご利用ください。

この記事の内容が役に立ったら共有してね!
11月 26, 2019 · Posted in 家具金物(扉用アングル丁番etc)  
    

Comments

Leave a Reply