TOPページ » 四代目のつぶやき » この記事

アマビエで疫病退散

3月7日に運転免許試験に合格した次女の自動車運転の練習のため、3月中旬から安田屋家具店の定休日である木曜日は、毎週次女の自動車運転で彼方此方ドライブに出かけている。

奥様の実家に行ったり、名古屋市内に行ったり、そして今回片道150㎞前後ある飛騨・高山市に出かけたのでした。

たまたま飛騨産業の「穂高ロッキングチェアー」修理を承っているので、直接高山市内の修理工房に届ける用事もありましたし、家具問屋による家具展示会もあったしね。

しかし本当の目的は「新型コロナウイルス」退散の効果がケタ違いでは?とSNSで話題になっている「アマビエ」の護符をもらいに、高山市内の櫻山八幡宮に行くことだったんです。4月1日に岐阜新聞で「アマビエ」について掲載されていたんです。

「アマビエ」???、ですね。
詳しくはコチラをご覧ください。

朝9時に三井住友海上保険の「1DAY保険」にネット申し込みをした後、次女の運転で安田屋家具店を出発。

岐阜市~関市~美濃市~郡上市~せせらぎ街道をひたすら高山に向けて走り続けたのでした。道中、サクラは満開でした。

岐阜市内の気温は13度と温かかったのですが、高山に近づくにつれ気温が下がり5度の地域もありました。岐阜県は広いなぁーと感じますね。

途中道の駅で2度ほど休憩しただけで、約3時間次女はクネクネとカーブの多い山道を運転し続けたのでした。四代目は助手席に座ってナビ役と危険察知役を担っていたのでした。

お昼12時過ぎに高山市内に入ったので、四代目一家が大好きな「甚五郎ラーメン」にて昼食タイム。食後には奥様と長女夫婦用のお土産を購入。

昼食後は、甚五郎ラーメンから20分程度の所にある飛騨産業の修理工房に向かい、修理品の「穂高ロッキングチェアー」を届けてきました。

修理工房を出発して20分のドライブ。
家具工場の単独展示会を行っていたので、商品仕入れと情報仕入に寄りました。次女と一緒に展示会場で新作家具をじっくり検討。普段とは違う商売人としての四代目を次女に垣間見てもらえたらうれしいですね。

家具問屋を後にして、さあいよいよ本目的の「櫻山八幡宮」に向かいます。15分ほどのドライブでした。

新型コロナウイルス感染防止のため、手水には柄杓が置いてありませんでした。

前日の岐阜新聞に「アマビエ」の護符のことが掲載されていたので、たくさんの人が来ているだろうと想像していたのですが・・・・、誰一人いなくて閑散としていました。参拝客は四代目と次女の二人だけでした。

本殿に参拝した後、アマビエの護符についての案内が無かったので、どこに行けばよいのか迷ったのでしたが、とりあえず社務所に行くと・・・・、ありましたありました。

自宅、長女夫婦宅、まちでつくるビルなどのために5枚の護符を1枚500円の初穂料を納めていただきました。

その後は新型コロナウイルス感染を避けるために高山市内の古い町並みなどの散策はしないことにして、暗くなる前に岐阜市に向けて出発したのでした。

往路は山道が中心の「せせらぎ街道」を運転練習としましたが、帰路は平坦の道が中心の「国道41号線」にしました。今回の高山行は。なんといっても次女の運転練習があくまでも目的なんです。

そして高山を2時に出発して、岐阜に5時過ぎに到着しました。四代目はこの日一度も運転することはありませんでした。助手席に座っていただけでしたが、緊張感で疲れました。

次女はこの日なんと、8時間ほど連続で運転しました。走行距離は約310㎞でした。いっぱい運転練習ができた有意義な1日でした。終わりごろは運転がとっても安定していました。バック運転以外はね。

課題は「バック運転」ですね。次回頑張りましょう。

さて「櫻山八幡宮」で授けていただいたアマビエの護符は、早速皆の目に留まる場所に掲示しておきました。ご利益があることを信ずるのみです。

疫病退散
新型コロナウイルス退散

この記事の内容が役に立ったら共有してね!
4月 4, 2020 · Posted in 四代目のつぶやき  
    

Comments

Leave a Reply