TOPページ » 家具リフォーム・修理 » 家具金物(扉用アングル丁番etc) » この記事

太田長アトランタ取手金具

T様から、静岡に工場があった太田長(オオタチョウ)の家具「アトランタ」シリーズに使用されていた取手金具に関してのご相談があったので、同様の事例での参考になると考えご紹介します。

T様からのお問合せ
初めてメールさせていただきます。IDF太田長さんの家具2竿を所持しております。取手金具がこわれてしまい、修理をと思ってさがしていたところ、安田屋家具店さんで以前扱っていらっしゃったことがわかりメールさせていただだきました。

持っているのは6段のチェストと、ライティングビューロ-です。ライティングビューローの取手が4つが壊れています。まだ、購入可能でしょうか?よろしくお願いいたします。

安田屋家具店からの返信
大田長のアトランタシリーズ家具に使用されていた取手金具ですが、当店ホームページにてご紹介した当時は、工場経営者の親族の職人が、工場が廃業する時に取替え用として取手金具を保管してくれていました。

その後、その親族の職人が経営されていた家具店も廃業され、現在、連絡が取れない状況です。

ポームページでご紹介した時から年月が経過しているので、恐らく取手金具の在庫もすでにないものと思います。

そのためよく似た取手金具での代替え取替となります。金具をネジで取付ける際の引出前板にあいている2か所の穴の間隔が異なりますので、穴をあけ直す必要があります。よく似た国産金具は1種類だけでした。

雰囲気が似ている金具として4種類ほどありました。
もし代替金具が必要な場合は、安田屋家具店にご連絡ください。

尚、ネット検索すると輸入金具でもっとデザインが似通った金具が存在するかもしれません。ただ四代目はそれを見つけることはできませんでした。お役に立つ情報であれば幸いです。

この記事の内容が役に立ったら共有してね!
7月 31, 2021 · Posted in 家具金物(扉用アングル丁番etc)  
    

Comments

Leave a Reply