TOPページ » 家具リフォーム・修理 » その他の家具修理 » この記事

下駄箱吊り扉修理

安田屋家具店が立地する岐阜市のお隣、各務原市のS様から吊り扉方式の下駄箱修理についてお問い合わせがありました。同様の事例が多いのでご紹介します。

S様からのお問合せ
近くの家具修理屋さんに電話した所部品が無いからと断られました。

ネットで調べた所、レールと部品が安田屋家具店の物が合うのではと思いました。

送ってもらい自分で取り替えようと思いましたが、住所が岐阜市で修理もやっておられるようなのでレールの修理と取っ手など直していただけると嬉しいです。

安田屋家具店からの返信
下駄箱の写真を確認しました。

吊り扉用部品「羽無しタイプ」です。

写真を見ると部品の痛みはないように思います。
天板に取付けてある樹脂製のレールが破損したことで、部品が落ちてしまうのではないかと思います。

出張してご修理は可能です。
お伺いして、現在の樹脂製レール2本をを取り外し、新しいアルミ製レール2本を取付けます。

扉の取手金具は恐らく同じものが無いので、ご訪問時に引き扉2枚をお預かりして、新しい代替取手金具を探して取付けた後、扉をお届けする手順となります。

取手金具のサイズで同じようなものが無い場合は新しく木製で取っ手を創る必要があるかもしれません。

下駄箱のレールの長さをお知らせください。ご用意します。

S様からご返信
早速のお返事ありがとうございます。
レールの長さは1m13cmです。

安田屋家具店からの返信
レールの長さを確認しました。
130㎝長さのレール2本をご用意してお伺いさせていただきます。ご自宅にてレールを長さに切断し取付作業を行います。

レール取替え修理費用は下記の通りです。
レール160㎝ 税込1,600円×2=3,200円
出張費・修理施工費 税込み8,000円
————————————
合計 11,200円

取手部品については、現物を確認して対処方法を考えます。

【関連記事】
続 下駄箱吊り扉修理
続々 下駄箱吊り扉修理

この記事の内容が役に立ったら共有してね!
11月 12, 2021 · Posted in その他の家具修理  
    

Comments

Leave a Reply