TOPページ »家具リフォーム・修理 » この記事

国産クリ無垢材天板リフォーム

職人「西尾修一」さんが製作した、国産クリ無垢材を使用したテーブルの天板リフォームのご用命をいただきました。

今から約15年ほど前のご子息様のご婚礼時にお買い求めいただいた家具です。

直径900㎜の丸型天板は、新婚当時のお二人用のダイニングテーブルとしてご使用いただいておりました。長方形天板は、幅600㎜×長さ1200㎜のリビングテーブルとしてご使用いただいておりました。

このたびご子息様ご家族の新居が完成したので、15年間使用し天板に付着した汚れやキズを無くし、リフレッシュしたいとのことでした。早速お預かりして、天板表面を削りました。

直径900㎜の丸型ダイニングテーブル天板 (写真は天板表面を削った状態です)

幅600㎜×長さ1200㎜のリビングテーブル (写真は天板表面を削った状態です)

これから植物性オイルを表面に塗り仕上げます。

塗りますオイルは「OSMO (オスモ)」社製のオイルです。

化学物質過敏症やアトピーの方にも安心なオイルです。(ただし症状によって違います)

新品にリフレッシュした状態を後日ご報告いたします。

無垢材家具で、オイル仕上げだと将来のメンテナンスが手軽にできます。

3月 15, 2010 · Posted in 家具リフォーム・修理, テーブル修理  
    

Comments

Leave a Reply