TOPページ »四代目のつぶやき » この記事

正月飾りで思うこと

 節分ももうすぐという時期で、正月気分はすでに終わっていますが、正月飾りについて・・・・。

 安田屋家具店では20年ほど前から、年の暮れに自動車に取り付けるしめ飾りを、三代目 鉄郎が手作りで製作しています。今年も12月中頃から店内で作り始め、31日に営業車、乗用車全て取り付けました。しめ飾りといっても自動車に取り付けるものなので小さなものです。

6本ありますから、6台に取り付けます。

今年はウサギのイラストを作って取り付けてありました。

早速自動車のフロントに取り付けました。
この続きは下の(read more) をクリックしてね

 拡大するとこんな感じです。稲穂に南天、笹を括りつけ、兎のイラスがついています。安田屋家具店では毎年このように自動車にしめ飾りを取り付けています。岐阜市内はもとより岐阜県、愛知県でも昔はほぼ全ての自動車にこのようなしめ飾りがついていました。昔、正月に自動車で走っているとほぼ全ての対向車のフロントについていました。しめ飾りをつけていない自動車は、そうですねぇー、100台に1台歩かないかという記憶があります。

 ところが10年ほど前から徐々に少なくなり、3~4年ほど前からは、逆にしめ飾りがついている自動車がとても珍しくなってしまいました。今年も1月1日~5日の間、自動車で初詣でなどでかなりの距離自動車を走らせましたが、その間、対向車、駐車場などなど、見かけた数多くの自動車の中で、たった3台しか安田屋家具店と同じようにしめ飾りをつけて走っている自動車を見かけませんでした。どうしたことなんでしょう。なんだか四代目にとっては正月らしくなく、普段の日と変わらない雰囲気が好きではありません。正月はやっぱり正月らしくがいいですよね。

 とはいうものの、元旦からスーパーは開店しているし、外食はどんな料理でも食べれるしという状況なので、いつの間にか日本の正月は正月ではなくなってしまいましたね。法律で、日本人は全業種全て正月三が日は休むこと。営業する場合は、売上金額の1000% を税金とし納めること。なんて決めて欲しいですね。

 そんなとりとめもないことを、正月飾りを見ていて考えてしまう四代目でした。
 歳をとったせいなんでしょうか。

2月 1, 2011 · Posted in 四代目のつぶやき  
    

Comments

Leave a Reply