TOPページ »四代目のつぶやき » この記事

今年の初詣

 正月気分はすっかりなくなり、すでに1月もあっという間に中旬を過ぎてしまいました。と言っているうちにバレンタインデー、節分がやってきます。すっかり全国的な風習にされてしまった「恵方巻き」もやってきます。今年2012年(平成24年)の恵方、方角はおおよそ北北西(北微西)正確には 「壬」だそうです。

 そんな時期になった頃に初詣の話とはなんと古いことと思わずしばしお付き合い下さい。四代目今年の初詣では、1月1日元旦の伊奈波(イナバ)神社から始まりました。岐阜市の多くの人の初詣は伊奈波神社です。入口にある「善光寺」さんから参ります。

 水掛地蔵がありました。

 伊奈波神社の境内は人人人であふれています。
 苦しい時の神頼みです。

 両脇には美味しいにおいがあふれる屋台がズラズラッとむ並んでいます。毎年思うんですが、お賽銭の金額よりも屋台で購入する金額のほうが多いのはどうなんでしょうかね。屋台での購入費をお賽銭に回せばご利益も・・・・・・??

 鳥居まではスムーズでしたが、ここから入場制限整理のため長蛇の列に並びます。

 毎年誰かしら知り合いに合うのが恒例となっている四代目ですが、今年は・・・・、周りを見渡すと1列前に岐阜の名士の一家であるO様一家がおられました。四代目と同い年のO様と目が合って新年のご挨拶です。小さい頃の記憶しかないお子様は、O様よりも背が高くなり立派な大人になっていました。歳をとるはずです。

 後ろを振り返ると・・・・、

 いつの間にか大勢の人が並んでいました。

 並ぶこと40分前後。
 やっと山門を抜け、目の前に本殿が見えました。

 本殿への階段はすし詰めです。

 本殿への階段は途切れない列が続いていました。
本殿に入ると、新年の挨拶と旧年の御礼を参りました。毎年恒例の行事です。

 この後、四代目一家は氏神様である「金神社」、さらに「樫森神社」へと初詣に行きました。毎年元旦は、初詣参りで1日が過ぎていきます。

1月 17, 2012 · Posted in 四代目のつぶやき  
    

Comments

Leave a Reply