昨年3月に唯一日本国内でアングル丁番を生産していた工場が、需要の低迷により、とうとう生産を終了してしまいました。その後、日本国産のアングル丁番は工場に残っている在庫限りとなりました。

そして生産を終了して1年半が過ぎた現在、市場に日本国産丁番の刻印である「RABBIT」刻印の金具は見かけなくなりました。ノーブランド品の中国産の金具ばかりとなっています。日本国産丁番はもう現存しないのでしょうか。

工場在庫の中でも「15-20」サイズの丁番がいち早く完売となってしまい、安田屋家具店の在庫も今年前半に底をつきました。以来、在庫0個となっています。

四代目は取引がある各地の家具工場や、いつもの金具屋の大将を通じて同業者にアングル丁番の在庫が無いか方々に聞きまわっていました。

ある時は情報を頼りに直接、遠方の金具屋を訪ねて倉庫の片隅に残っていないか実際に確認していたのですが、アングル丁番が家具に使用されなくなってずいぶん経つので、在庫を発見することができませんでした。

この記事の続きを読む »

この記事の内容が役に立ったら共有してね!
9月 19, 2021 · Posted in 家具金物(扉用アングル丁番etc)