本来であれば、本日8月11日は「第35回美殿町ガス灯夏祭」を開催するはずでした。気温36度で蒸し暑く、空は快晴、全く何の問題も無く夏祭が開催できる条件です。

この記事を投稿している時間は、本来であれば美殿町通りの通行止めが開始され、各出店者のテントが立ち並び、街中ビアガーデン用客席設置準備があわただしく行われているはずでした。

しかし・・・・、

新型コロナウイルス感染症の第2波が、美殿町商店街が立地する岐阜市内でも広がりつつあることから、感染拡大防止のために中止することを決定したのです。

そのため美殿町通りには夏祭りのテント出店も、ビアガーデン用の客席も何もありません。

昨年の同じ場所はこんな風景が広がっていました。

この記事の続きを読む »

この記事の内容が役に立ったら共有してね!
8月 11, 2020 · Posted in 四代目のつぶやき  
    

8月10日午後2時、台風11号が福井市の西約60kmのところを通過中。安田屋家具店が立地する美殿町通りは風がビュービューと音を立てて強く吹いています。雨の降りは普通の降りかたですが、風が強いためにびしょ濡れになります。今まさに美殿町に一番近い場所を通過中。

台風11

美殿町の多くの店が早仕舞いしていて、人通りもなく寂しい状態です。

明日はいよいよ「第30回美殿町ガス灯夏祭」の開催日です。台風は11日の午前中には日本海沖合いに移動している予想なので、美殿町通りの天候回復に期待するところです。

さて毎日ご紹介している「岐阜逸品ビンゴ」の初日、11日の特賞景品である「イサムノグチ」AKARIシリーズの景品が、製造元である尾関提灯さんが届けてくれましたので7点全てをご紹介します。特賞の中の特賞からご紹介します。当たるといいですね。

33bb

牛の角をイメージしたAKARIです。
続いては・・・、

uf3

そしてそして、

14a

以上3点が、少しサイズの大きめのスタンド照明です。

この記事の続きを読む »

この記事の内容が役に立ったら共有してね!
8月 10, 2014 · Posted in 四代目のつぶやき  
    

今日、8月11日は第30回 美殿町ガス灯夏祭の初日です。

1984年に美殿町の車道を石畳にし、歩道をレンガ歩道にし、美殿町のシンボルとなるガス灯を4基設置した「美殿町コミュニティー道路」完成を記念して第一回目の美殿町ガス灯夏祭を開催したのでした。この時四代目はまだ横浜・館内・伊勢崎町の双葉家具にて修業中の身でしたので、そんなことが行われていることはまったく知らなかったのでした。四代目24歳の夏の出来事です。

当時、美殿町商店街振興組合の若者商店主の中心であった「ふとんのお店 すずきや」の鈴木英夫氏が中心となり、その前年から各地のイベントを視察し、試行錯誤しながら計画を練り実施したそうです。鈴木英夫氏は晩年、事あるたびに言っていました。

pict1727 鈴木英夫氏

コチラの記事もご覧ください

「美殿町ガス灯夏祭をはじめて行った時、どれだけの人が来るか心配で心配で、前夜は寝られんかった。そして夏祭当日、創造よりも多数の人が来場するのを見て、涙がでたんだ!!!!」と。

その意志を引き継いだ四代目。
今年は30周年の節目として、第1回目の初心に立ち戻り、地域の人々やお客様への感謝の気持ちを込めて開催します。テーマは「地元回帰・謝恩」です。

そしてここ最近美殿町ガス灯夏祭の好例イベントである「ビンゴ大会」。
いつもはゲーム機やおもちゃなどのお子様対象の京浜を用意したのですが、今年は大人をターゲットにした景品を用意した「大人のビンゴ」となります。さらに

「岐阜逸品ビンゴ」

と題して、岐阜市民でありながら意外と知らない岐阜市産の逸品、意外と購入していない岐阜市産の逸品を目玉商品として準備いたしました。

11日(月曜)の一等商品は・・・・・、
世界的有名なデザイナー「イサムノグチ」氏のAKARIシリーズです。

AKARI

この記事の続きを読む »

この記事の内容が役に立ったら共有してね!
8月 10, 2014 · Posted in 四代目のつぶやき  
    

いよいよ週明けの8月11日(月曜)・12日(火曜)の二日間、美殿町通りを歩行者天国にして開催します「第30回美殿町ガス灯夏祭」。四代目を中心として、ふとん屋の若旦那が手伝ってくれたので準備万端整いました。心配なのはお天気のみです。

台風進路

台風11号がゆっくりと進んでいます。 進路が日本列島縦断コースで四代目は毎日やきもきしています。9日現在、九州南部や四国にかなり接近し、上陸の予想です。美殿町ガス灯夏祭前日の10日の夕方にはなんとか岐阜市を通り過ぎ、日本海に出る予想が出ています。

天気予報も11日は「晴れ・曇り」だったり「曇り・雨」だったりと二転三転しています。今のところ11日は微妙な天気ですが、12日は天候も回復し絶好の夏祭り日和となるようです。

今年は開催30年の節目の年です。
毎年恒例のビンゴ大会も「岐阜逸品ビンゴ」と題して、いまだかってないほどの豪華な、高価な景品を特賞に用意しました。前回もお知らせしましたが11日の特賞は、今日も世界中の人に称賛され、愛用されている「イサムノグチ」と岐阜のちょうちんがコラボしたAKARIシリーズ。どんな景品なのか気になりますよね。

そこで美殿町では、岐阜逸品ビンゴの特賞景品を「まちでつくるビル」1階の『カフェ&ギャラリー mirai』にて展示中です。どんな景品なのか気になる人は、事前にmiraiの展示物をご覧ください。店内はこんな風に特賞景品の一部を展示しています。

s-IMG_1274

美殿町のビンゴ景品では最高額となる18万円の運搬用自転車ユーティーライトが中央に展示。

s-IMG_1273

この記事の続きを読む »

この記事の内容が役に立ったら共有してね!
8月 9, 2014 · Posted in 四代目のつぶやき  
    

連日の猛暑の中、気がつけばすでに7月も後半に入りました。安田屋家具店が立地する美殿町の夏の風物詩「美殿町ガス灯夏祭」も今年で29年目の開催となります。

今年の美殿町ガス灯夏祭は、8月11日(日)と12日(月)の二日間、夕涼み時間の夕方4時過ぎから夜9時まで開催します。街なかビヤガーデンがオープンし、豪華景品が当る「大ビンゴ大会」、デジタル全盛の中でどこかホッとする手作り感いっぱいのアナログゲーム、金魚すくい、ポケモンゲーム、そして今年は岐阜地元のサッカーチーム「FC岐阜」と5月にオープンした美殿町の新しい拠点ビル「まちでつくるビル」の住人の協力を得て、サッカーゴールゲームも開催します。

年々イベント内容も楽しい企画が増えている美殿町ガス灯夏祭、今年も期待できそうです。

そしてそして・・・・、
昨年に引き続き、暑い夏の夜、ゾッと背筋も凍る冷たい感じを味わっていただき、心身ともに涼しくなってもらう「美殿町の夏は、怪談話 de クール・ビズ」と題して、怪談話ライブを開催します。 プロデュースはもちろん昨年と同様、オカルト作家・研究家の山口 敏太郎氏です。

美殿町2013 コピー

今年も昨年よりももっと怖いお話をさせて頂きます。
出演は、怪談話2010で優勝した女流怪談師「牛抱せん夏」
彼女の語る怪談は、女優の経験を活かし、ストーリー性や人物描写に重みを置かれています。そしてもう一人・・・・、

京都の怪談師「渋谷」氏が出演します。渋谷氏の怪談話は、美殿町初です

他の会場では、入場料金1,500円~1,800円である女流怪談師「牛抱せん夏」の怪談ライブを、な、な、なんと破格の大人500円、中学生以下200円で聞けます。差額は美殿町商店街振興組合の事業費で賄うそうです。こんな激安な怪談話ライブイベントは美殿町だけです。 ぜひ今年も楽しみにしてくださいね。

でも聞いたその夜、怖くて眠れなくなったり、夜中トイレに行けなくなってもしりませんよ。

ギャァーーーーー!!!!!!!!

この記事の内容が役に立ったら共有してね!
7月 21, 2013 · Posted in 四代目のつぶやき  
    

次ページへ »