TOPページ »家具リフォーム・修理 » その他の家具修理 » この記事

本革ソファーの色が剥げた

お客様から悲痛なご連絡メールが届いた。

まだ8月に購入したばかりのL字の牛革のソファです。家具店のセールで20万円ほどでした。現品限りのものではありません。きちんと保護クリームを塗っていました。本日、クリーナーで部分的に拭いてから保護クリームを塗りこもうとすると、先ほどはなかったシミ?のようなものが・・・。

9906542_2106964383_119large

9906542_2106964361_131large 9906542_2106964370_194large

クリーナーの成分が強すぎたのでしょうか? 家具店のソファの担当に勧められたものをそのまま使いました。

9906542_2106964391_211large 9906542_2106964387_163large

原因がわからず、乾いても部分的に色が濃いままです。マットな革だったのに、色が濃くなっている部分だけ艶があります。これは革か塗装が剥げたのでしょうか?その場合どういう修理になり、いくらくらいかかるのでしょうか。ソファは持ち込まないといけないのでしょうか?

安田屋家具店からの返信
写真を拝見いたしました。現物を見ていないので確実なことは申せませんが、写真を見る限りでは、革表面の塗装が剥げたのではないかと思います。

クリーナーで拭いた箇所の色が変化したということなので、お考えのようにクリーナーの成分が強すぎるか、または塗装が弱いのかが原因で、塗装を拭き落として剥げてしまったのではないかと思います。また下地の革の色が表面に出たことで艶や色が違ったのではないかと思います。

革のシボ(凹みしわ部分)を見ると、表面の色が拭き落ちていないので革表面の凸面の塗装が落ちものと思います。

ただご使用になられた本革用クリーナーは「レザーマスター」だと思います。このクリーナーは革の色が落ちるほど強くはありません。安田屋家具店でも試したことがありますが、革の色が変化したことはありませんでした。したがってクリーナーの成分が強いのではなく、本革の塗装が弱すぎるものと思います。

ひょっとしたら色が変化した部分の革の色が元もとの色で、何かの事情でその色の上に現在の白っぽい色を塗り重ねたのではないかとも考えられます????

8月にご購入とのことなので、まだ2ヶ月程度しか経過していないことと、担当者に進められたクリーナーを使用してこのような症状が出たということであれば、当然アフターケアーの対象となります。お買い求めの店舗および担当者にご連絡され対処してもらうことをお勧めします。

誠に残念ながら、当店では部分補修や色付け補修は技術的にはできません。また修理をする場合、ご自宅での修理はできませんのでソファーは修理工房に送る必要があるかと思います。いずれにしても販売店へご連絡されることが重要です。

お客様から返信

素早い返信ありがとうございました!

買い求めた店舗に連絡したところ、業者に確認に向かわせ、現物を見て確認後の対応になるとのことですが、おそらくアフターケアの対象になるとのことでした。安田屋家具店さんのメールのおかげでうまく対応できました。本当にありがとうございました。また機会があればよろしくお願いいたします。

10月 2, 2014 · Posted in その他の家具修理  
    

Comments

Leave a Reply