TOPページ »家具リフォーム・修理 » 椅子張替え » この記事

輸入椅子張替完了

先日お預かりした輸入家具の食堂椅子の張替が完了しました。 張替前がこの状態です。

s-IMG_5918 s-IMG_5919

座面が破れてしまっています。 そしてお預かりして4日目にして仕上がった張替後の椅子です。

s-IMG_6078 s-IMG_6080

以前と比べて落ち着いた色ではあるものの華やかさが感じられるインテリアとなりました。 座面も中身のウレタンクッション材を取り換えたのでふっくらと以前のふくらみを取り戻しています。

s-IMG_6079

背面は依然と同様にボタン止めと縦3本のつまみ縫いの線が出ています。 背面と座面の柄合わせもちゃんと行われています。写真には写っていませんが、今回お預かりした2脚の椅子の布地の柄はきっちりと合わせてあります。

s-IMG_6081

新品同様にリフレッシュした食堂椅子は、新しいお客様の想い出を刻み込み、何十年と使用いただけるようになりました。椅子の木部はしっかりとしたつくりなので、15~20年後にまた座クッションのウレタン材がへたる頃ですから、その時にまた張り替えられれば、繰り返し何度でも愛着を持ってご使用いただけます。

親から子へ、子から孫へと受け継がれていく家具。
日本にもヨーロッパのようにアンティークになる家具、その家の想い出の宝とな家具をを育ててほしいと願う四代目です。

今回の張替費用は、1mあたり税込み6,048円の布地を使用し、中身ウレタン材を全て新しい材料に入れ替えて、1脚税込み25,000円でした。往復の送料は別途必要です。 今回はお客様自身でお持ち込み、お引き取りをしていただきましたので送料はかかりませんでした。

このような椅子張替をご計画のお客様、岐阜市近郊であれば無料でご自宅にお伺いして御見積させていただきますので、お気軽にお問い合わせください。ご連絡をお待ちしています。

[張替前の記事]をコチラご覧ください。

9月 26, 2016 · Posted in 椅子張替え  
    

Comments

Leave a Reply