TOPページ »伝統・匠の芸術逸品展 » この記事

伝統匠の芸術逸品展最終日

 12月10日~13日(月曜日)までの4日間開催しています「伝統・匠の芸術逸品展」も、とうとう本日が最終日となりました。初日から昨日まで、比較的暖かく、晴天にも恵まれたこともあり多数のお客様にご来場いただきました。
 この場を借りて厚く御礼申し上げます。

 会場の様子を少しご覧いただきましょう。

 安田屋家具店の北館「YASUDAYAギャラリー」を入っていただきますと、「京都 洛凰美術唐木工房」の唐木家具である飾り棚、座卓、蕨棚、花台などが展示されています。

 唐木の端材で作った「はし」「はし箱」「茶托」「菓子器」などの小物もあります。

 唐木家具の展示だけではありません。民族絨毯である「キルム」があります。中でも1820年に製作されたアンティークキルムも今回特別に展示しています。190年前の絨毯なのに状態はとってもいいです。お値段は・・・・・、ビックリです。

 さらにペルシャ絨毯を使って作った革製ハンドバック。
 このハンドバックは、ここでしかご覧いただけない特別商品です。
 オリジナルティーにあふれた逸品物で、毎回お客様から好評を得ています。
 お買上いただいたお客様にお聞きするとご友人の方から「このバックどこでお買い求めになられたの?? いいわねぇー」とお褒めの言葉を良くかけられるとのことです。ご提案させていただいて光栄なお言葉を頂いている商品です。

この続きは下の(read more) をクリックしてね

 さらに「プラグアート」といって、ペルシャ絨毯製作の技法を使って製作した「絵」です。

 写真に見えますよね。
 でもこれシルク糸を結んで作ってあるんです。いわゆるペルシャ絨毯製作の技法です。まるで写真のようです。でもいわゆる絨毯なんですよ。こればかりは実物を見ていただかないとその良さをお伝えすることができないのが残念です。

 さらにさらに2階への導入として「ヘレケ」絨毯の一部を展示しています。

 このヘレケ絨毯展示の横にあるエレベーターで2階会場に・・・・・。

12月 13, 2010 · Posted in 伝統・匠の芸術逸品展  
    

Comments

Leave a Reply