TOPページ »四代目のつぶやき » この記事

岐阜 柳ヶ瀬 お化け屋敷

都市伝説「口裂け女」が30年の時を経て発祥の地、岐阜に甦る。
山口敏太郎プロデュース、身の毛もよだつ怖~い【柳ケ瀬 お化け屋敷】の扉がついに開く。9月23日までです。このお化け屋敷の運営は、四代目の知人達が一生懸命行なっています。老舗建築屋、老舗料亭、老舗呉服店などなど、四代目も微力ながらチケット販売のお役に立つよう日々努力しています。そんな関係で、ご紹介します。

7月13日金曜日についに、ついに恐怖のお化け屋敷がオープンしました。岐阜市近郊の方は、ぜひ今年の夏休みはお子様と一緒に恐怖のお化け屋敷で、スゥーッと汗を冷やしに来てください。

安田屋家具店が立地する美殿町のすぐ真向かえ、柳ヶ瀬商店街の入口です。

「ビートたけしのTVタックル」などの全国放送テレビなど、各マスコミに数多く出演されているオカルト研究家・オカルト作家の山口 敏太郎さんがプロデュースしたお化け屋敷ということで、話題が話題を呼び、オープン初日は数多くのテレビ取材がされていました。


山口敏太郎氏も、自らのほり旗を持って、呼び込みをされていました。

そしてこれが看板です。こちらの「口裂け女」をモチーフにした絵は、岐阜大学美術部制作です。昭和の雰囲気漂う看板絵です。

そしてこの「柳ヶ瀬 お化け屋敷 恐怖の細道」の看板の下が入口です。

向かって左端から恐怖の体験が始まります。また右側には、カキ氷や軽食などの「モンスターカフェ」が営業しています。

7月13日金曜日のオープニングは、今夏公開される『口裂け女 リターンズ』という映画上映があり、主演の元AKB48の大堀恵さんの舞台挨拶も行なわれました。場所は・・・・、

柳ヶ瀬お化け屋敷の2階の元映画館で行なわれたのでした。

そしてなんと会場には、来年3月に引退することを発表したゆるキャラ「やなな」も応援に駆けつけていました。やななの後ろ姿です。

そして鬼マネージャーが、やななと大堀恵さんと山口敏太郎さんとの3ショットを撮影していました。

柳ヶ瀬 お化け屋敷 恐怖の細道は、9月23日までの期間限定のお化け屋敷です。今年の夏休みに、お子様と一緒に近場での恐怖体験で暑さを忘れてみてはどうでしょうか。

お得な前売り入場券(大人のみ)を、当日券よりもお徳な価格でネットショップ「ぎふ楽市楽座」にて販売しています。

中学生以下の方は当日券200円を会場にてお買い求め下さい。

7月 17, 2012 · Posted in 四代目のつぶやき  
    

Comments

Leave a Reply