TOPページ »四代目のつぶやき » この記事

笑ってしまった詐欺メール

先日ご紹介した三菱東京UFJ銀行の詐欺メール。
本物の三菱東京UFJ銀行が業を煮やして、注意喚起の案内をしているにもかかわらず、今だに安田屋家具店に差出人「三菱東京UFJ銀行」のメールが届いている。 そして今回そのメール文を見て笑ってしまった。

差出人【三菱東京UFJ銀行】
メールアドレス【login@mufg.co.jp】
件名【本人認証サービス】
文面
三菱東京UFJ銀行Eメール配信サービス 2014年「三菱東京UFJ銀行」のシステムセキュリティのアップグレードのため、貴様のアカウントの利用中止を避けるために、検証する必要があります。 以下のページより登録を続けてください。

https://entry11.bk.mufg.jp/ibg/dfw/APLIN/loginib/login?_TRANID=AAAAA_AA1

――Copyright(C)2014 The Bank of Tokyo-Mitsubishi UFJ,Ltd.All rights reserved――

メールドレスは【login@mufg.co.jp】。いかにも「三菱東京UFJ銀行」からのメールだと思わせる巧妙なメールアドレスになっています。文末の表記も本物の表記をコピーしているようで巧妙です。

でも文章をよく読むと文中に「・・・貴様のアカウントの・・・」。
お客様のことを貴様「きさま」呼ばわりです。

本当は何と書きたかったのだろうと想像してしまいます。「貴様」を敬語と思っているのでしょうか。「貴方」と書きたかったのでしょうか。

それにしてもこんなつたない国語力の文章にだまされないように、国語はしっかりと勉強しておくべきことを痛感した四代目でした。

2月 3, 2014 · Posted in 四代目のつぶやき  
    

Comments

Leave a Reply