TOPページ »家具リフォーム・修理 » 家具金物(扉用アングル丁番etc) » この記事

木村新のアングル丁番金具

拙宅の家具に付いていますアングル蝶番2個が壊れました。寸法及び姿写真は別添資料のとおりです。金物には K.S.S  25 15 と表示されています。木村新 製と聞いておりますが、御社に在庫がございましたら購入申し込みをしたいと思います。有無のご返事と、有る場合は申し込み方法やお支払い方法をご教示くださいますよう、宜しくお願い申し上げます。

s-アングル蝶番(2)

s-アングル蝶番(1)

安田屋家具店からの返信
破損した金具写真を拝見いたしました。 「KSS」刻印の金具は、すでに廃業してしまった木村新という金具工場の商品です。25-15とは、アングル丁番金具25-15サイズの金具です。当時の資料がありましたのでご覧ください。

s-IMG_0623

s-IMG_0621

s-IMG_0622

この金具は残念ながら、製造中止で現存していない金具です。サイズ的に代替できるサイズもありません。現存しているアングル丁番金具サイズは「16-15」「15-20」「20-15」「20-20」「24-20」の5種類のみです。 当時はいろいろなサイズのアングル丁番金具を各工場が独自に生産しており、統一したサイズ規格がありませんでした。

アングル丁番金具は扉の微調整ができない、金属疲労による破損がおこることから、次第に使用されなくなり、現在主流の「スライド丁番金具」になっていきました。

金具が現存していない場合の修理方法は、現在主流のスライド丁番金具に取り替えることによって修理が可能となります。ただ「アングル丁番金具」から「スライド丁番金 具」に取り替えるという方法は、扉の丁番金具を全て取り替える必要と、扉に金具を取り付けるために彫り込んで あるカップの大きさが違いますので、彫り直しをしなくてはなりません。 またどのタイプのスライド丁番金具を使用するか、取付方法についても専門的な知識と技術が必要になります。

お客様自身での取替えは難しいので、そこはプロに任せた方が修理費用は安価で、確実に修理できるのでお勧めします。そのためには、ご自宅界隈の昔から続いている小規模な家具店、もしくは家具修理専門店にご相談され るとよろしいかと思います。 アングル丁番金具をスライド丁番金具に取り替える修理内容は、それほど難しいものではありませんので、当店でもよく行なう修理方法です。

ただし今主流のインテリアショップでは修理不可能ですが、昔から続いている街の家具屋さんであれば、当然修理方法は知っておりますので、ご相談されれば「アングル丁番金具」を「スライド丁番金具」に取り替 えることはできるものと思います。ご参考になれば幸いです。

木村新製の金物は無いとのことでしたので一旦はあきらめましたが、いただきましたメールに添付してくださった「面付OLアングル蝶番25×15」の寸法書きを、破損しました木村新製の25×15と詳細に比較してみますと、ほとんど変わりはありませんので、2個で恐縮でございますが、金額が当方の胸算用の範囲内であれば返品なしで注文させていただきたいと思います。送料共で幾らお支払いすればよいのでしょうか。 また、振り込み等お支払い方法も併せてお知らせいただければ幸甚に存じます。お手数をお掛け致しまして恐縮でございますが、宜しくお願い申し上げます。

安田屋家具店からの返信
せっかくご連絡いただきましたのに残念なお知らせで申し訳ございません。ご指摘の金具はすでに工場が廃業したため現存していない金具となります。したがいまして先回ご案内の「スライド丁番金具」への取替え修理になります。

ご返信有難うございます。よくわかりました。早速ご丁寧なご説明をいただき、恐縮でございます。同じ金物がないのは残念ですが、家具屋さんを探す等方策を考えます。

7月 14, 2014 · Posted in 家具金物(扉用アングル丁番etc)  
    

Comments

Leave a Reply