TOPページ »家具リフォーム・修理 » その他の家具修理 » この記事

部品の羽根サイズが違う

先日お問い合わせがあり、さらにご注文をいただいた熊本市のK様より、部品のサイズが少し違うとのご連絡が合った。商品は「下駄箱吊り扉用プラスチック部品 羽根タイプ」です。

s-IMG_7001

熊本市のK様より
昨日、安田屋家具店に注文しました吊り扉用の部品が届き、下駄箱に取り付けましたが、うまく行きませんでした。寸法は現在の部品と同じようです。原因は部品の形状が一部異なっている(レールに入る突起物の位置が異なり、羽根の部分が現状のレールよりも少し長い)ことにあるようで、部品を削ればうまく行くようですが、作業に時間が必要なので中止しました。

CIMG0163

CIMG0164

レールを外せばうまくハマるかもしれない、と考え、5ケ所に打ってある小さいネジくぎを外して、レールを付け替えようと試みましたが、大半の釘が錆ており、部分的には外れますが、全部は外れませんでした。

CIMG0165

CIMG0166

他によい方法があればご教示頂けないでしょうか? 参考のための写真1~3枚の上側が新品、下側の写真が下駄箱に取り付けてある現在の部品です。4枚目の写真は右側の部品が旧品です。以上、お手数ですが、お尋ねいたします。

安田屋家具店からの返信
ご連絡いただきました部品の新旧を確認しました。上部の羽部分の形状が少し違うようです。残念ながら破損した部品はすでに現存していませんので、お送りいたしました部品の羽根の長さをヤスリで削りながら微調整してレールにはめ込むしか方法がないかと思います。

削りすぎるとレールから外れてしまいますのでご注意下さい。

2月 10, 2016 · Posted in その他の家具修理  
    

Comments

Leave a Reply