TOPページ »家具リフォーム・修理 » その他の家具修理 » この記事

松下電工 下駄箱部品

松下電工製の引き戸タイプの和風デザイン下駄箱の吊り扉に使用されているプラスチック部品についてのお問合せがあった。

お問い合せ内容
安田屋家具店のホームページにて掲載されている、下駄箱吊り扉用のプラスチック部品を8個お願い致したく、問い合わせさせていただきました。何軒かホームセンターを探しました、見つからず、やっと安田屋家具店ホームページにたどり着きました。よろしくお願い致します。

写真 3

写真 1

安田屋家具店からの返信
吊り扉部品は2タイプあります。頭部部分が左右に出っ張った形状の「羽ありタイプ」と

s-IMG_7001 s-IMG_6983 コピー

s-IMG_6999

出っ張りの無い「羽なしタイプ」です。

s-IMG_0079 s-IMG_0076

s-IMG_0078

どちらの形状の部品かご指定ください。 部品は1個税込み・送料込みで600円です(2016年3月1日より値上げしました)。ビスが1本付属します。

お客様からの返信
ご連絡いただき、ありがとうございます。部品の形状についてですが、羽つきタイプだろうと思います。恥ずかしながら、部品が壊れたまま長いこと使っておりましたので、破損部分も紛失してしまって。写真を添付致しますので、ご教示いただきたく存じます。ちなみに、レールの幅は15mmぐらいです。お手数おかけしますが、よろしくお願い致します。

写真 2

安田屋家具店からの返信
写真を確認いたしました。レールの写真から推察すると、樹脂製または金属製でダブルレールとなっていますので、たぶん羽根付タイプだと思います。過去に松下電工製の下駄箱も羽根付タイプの部品でした。

羽根付タイプは、レールが家具に取り付いたまま、部品をレールにはめ込み、クルリと90度回転させると部品の羽がレールに引っかかりますので、その状態で扉の木口に開いている穴に部品の円筒形部分をはめ込み、ネジで固定すれば完了します。

お買い求めは安田屋家具店ネットショップ「BASE SHOP」でどうぞ。

羽根付きタイプはコチラ baseロゴjpg

羽無しタイプはコチラ  baseロゴjpg

2月 12, 2016 · Posted in その他の家具修理  
    

Comments

Leave a Reply