TOPページ »家具リフォーム・修理 » 家具金物(扉用アングル丁番etc) » この記事

続FS15刻印の扉丁番金具

先日お問い合わせがあった食器戸棚の扉を取り付けるための丁番金具が破損した件で、お送りしたお試し金具のことで再度お問い合わせがあった。今回破損した丁番金具には「FS15」という刻印があった。刻印からは製造した工場を突き止めることはできなかった。

大阪府のH様より
お世話になります。
お試し金具が届きました。
ありがとうございます。
我が家の家具に取り付いている金具の矢印の角の高さが、30ミリです。

fs1金具3

送ってもらった「お試しゴールド金具」は、接合ピンの箇所の寸法が32ミリありました。

fs1金具1

fs1金具2

残念ながら寸法が少し異なり、家具には合わないようでした。お手数をおかけしました。

安田屋家具店からの返信
ご連絡ありがとうございます。 金具の写真を確認しました。

円型部分の厚みも代替え金具の方が厚いことを確認しました。また金具の幅も代替え金具の方が大きいことを確認しました。この場合、扉に空いている穴を彫り広げる作業が必要です。

そのためにはご自宅界隈の昔から続いている小規模な家具店、もしくは家具修理専門店にご相談され るとよろしいかと思います。 金具はおそらくお送りした代替え金具「復刻K刻印16-15 ゴールド色」でよいかと思います。

アングル丁番金具での代替えでは支障がある場合は、現在主流の「スライド丁番金具」に取り換える修理方法となります。 専門的な知識が必要なのと、扉の穴加工をしなければなりませんので、やはり小規模な家具店、もしくは家具修理専門店にご相談されるとよろしいかと思います。

8月 19, 2016 · Posted in 家具金物(扉用アングル丁番etc)  
    

Comments

Leave a Reply